農水省の怠慢と不識 子ども食堂への備蓄米配布はわずか1件

公開日: 更新日:

 政府が提供する「米」が、おなかぺこぺこの子どもたちに届かない。

 農水省は今年5月、政府の備蓄米の交付先に「子ども食堂」を追加。ところが、全国でたった1件(25日時点)の食堂にしか行き渡っていないのだ。

 もともと、農水省が食育の一環として、学校給食用に無償提供していた備蓄米を「子ども食堂」に対象を広げたのは、コロナ禍のため。全国で休校が相次ぎ、給食や家庭で十分な食事を取れない児童が子ども食堂に通うと考え、追加した。

 NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえによると、子ども食堂の数は全国約3700件。わずか1件の食堂しか受け取れていない理由は、まず農水省が現状を把握していないこと。

 同省は子ども食堂の数のデータを取っておらず、民間NPOが発表する数を参考にしているという。だが、最新データは昨年6月時点のもので、コロナ禍の影響をつかんでいないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る