歌舞伎町カリスマキャバ嬢の“懺悔”…衝撃の摘発から3カ月

公開日: 更新日:

 野の花さんは摘発直後、自身のSNSに謝罪動画を投稿。コロナ禍の影響を引き合いに、「従業員全員の生活を守ることが困難でした」と涙ながらに訴えたが、視聴者から「コロナは関係ない」などの批判が殺到した。

 その後、改めて弁明の動画をアップし、「私の中では(風営法違反は)歩きたばこや立ち小便ぐらいの感覚だった」と罪の意識の軽さを反省。「クリーンなことでカネを稼ぎたい」と明かした。摘発から3カ月経った今、何を思うのか。本人を電話で直撃した。

「早く謝罪動画を出して、(店を)再開させたかったのが、当時の正直な気持ちです。『他店も深夜営業をしているのに、なんでウチだけなの』とも思っていました。深夜1時までしか営業してはいけないというルールには疑問を感じますが、名前を知られている身だからこそ、他もやっているからいいではなく、先陣切って守らなきゃいけませんでした。応援してくれている方に申し訳ないと思っています。今後の方針はまだ決まっていませんが、いつかキャバクラから身を引いて、海外で日本食料理店を経営をしてみたいですね」

 元「歌舞伎町ナンバーワン」のカリスマキャバ嬢は、これから汚名をそそげるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  4. 4

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  5. 5

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  8. 8

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  9. 9

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

  10. 10

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

もっと見る