自分が大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意!

公開日: 更新日:
コクハク

あなたの周りにもいるかも! 性悪女の6つの特徴

 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、その場の雰囲気が悪くなるほど影響力がありますよね。
 そんなトラブルメーカーである彼女たちとは、どのように付き合っていけば良いのでしょうか? 今回は性悪女の特徴と対処方法をご紹介します。

 女性同士でも、仲が良くなっていくにつれて「こんな子だったの?」とショックを受けるケースがあります。それもまた、性悪女かもしれません。まずは、性悪女の特徴からチェックしていきましょう。

1. 人の悪口ばかり言う

 性悪女の一番の特徴が、「悪口を言う」です! とにかく、人の悪口が大好きで、口を開けば誰かを悪く話しているはず。

 そして、厄介なのがその悪口に同意を求めてくるところ。「◯◯ちゃんも、そう思うでしょう?」などと言って、人を巻き込んでおおごとにしていくのがトラブルメーカーともなるゆえんです。

2. マウント癖がある

 基本的に性悪女は自分に自信があり、自分が大好き。これが理由で、マウント癖があるのも特徴のひとつ。

 事あるごとに「私の方が、◯◯だよ」といって、自分が上であると示そうとします。それに対して嫌な顔をすると、嫉妬と捉えるほどの自信家でもあります。

3. 感情の起伏が激しい

 大人になると、ある程度の気持ちは抑えて行動するのがマナーです。たとえ、つまらなくても、その場では笑顔で接するのが大人の対応ですよね。

 しかし、性悪女はそれができません。感情の起伏が激しく表に出してしまいます。構ってもらえなかったらつまらなそうな顔をしますし、ちょっと褒められただけで表情が笑顔へと一変したりもします。

4. 何事も男性優先

 性悪女は、とにかくチヤホヤされることが大好き。特に、男性からチヤホヤされると舞い上がってしまいます。

 そのため、女友達と約束をしていても、男友達から誘われれば簡単にドタキャン……。何事も男性優先で行動するのも、性悪女の特徴です。

5. 自己中な性格

 性悪女の多くは、自分が一番と考えていて、他人を見下しています。それゆえに、自己中な性格な人が多いのも特徴のひとつでしょう。

 女同士で集まっても、いつでも自分中心。自分の意見が通らなかったり、注目されないと露骨につまらなそうな顔をして、場の空気を悪くします。

6. 人の話に共感しない

 友達同士で会話をしている際、共感することで一気に話が盛り上がったり、距離感が縮まったりしますよね。

 しかし、性悪女との会話ではこれがありません。性悪女は自分の話には共感を求めようとするのに、人の話は共感しないのが特徴です。

性悪女とどう付き合う? 3つの対処方法

 身近に性悪女がいる人は、「どう付き合っていけば良いのだろう?」と悩んでいるのではないでしょうか。そんな人は、ご紹介する対処方法を参考にしてくださいね!

1. 距離を置いて深く付き合わない

 仲が良いと思っていたはずの女友達が、「実は、性悪女だった」と気づいたら、付き合い方に迷ってしまうでしょう。そんな時は、無理をして今までの関係を続ける必要はありません。ストレスを感じるのであれば、距離を置いて深く付き合わないようにしましょう。

2. 言われたことは聞き流す

 性悪女と一緒にいると、腹の立つことや傷つくようなことを言われる時もあります。それを、すべてまともに聞いていてはストレスが溜まるだけ! 万が一、何か言われたとしても「どうせ、性悪女の言っていること」と、聞き流すようにしましょう。

3. プライベートの話はしない

 性悪女とはできるだけ関わらないのが一番ですが、特に注意したいのが、自分のプライベートの話をしてしまうこと。万が一、相手が「悔しい」と思ってしまうと、次の悪口のターゲットにされてしまいますよ。

性悪女の特徴を見極めて関わらないのが身のため!

 性悪女との付き合いは、とても厄介です。プライベートであれば関係を絶てても、職場などが一緒となるとそうはいきません。そんな時は、上手な距離感を保って、できるだけ関わらないようにして身を守ってくださいね!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」