「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の複雑胸中

公開日: 更新日:
コクハク

まさに“好きの反対は無関心”

冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮名・37歳)の憂いをお届けしました。
 表面的には何の問題もない夫婦に見えるふたりですが、妻は長期にわたって夫婦関係に悩んでいます。では、ヒロムさんは今の夫婦関係についてどう考えているのでしょうか。

【冷酷と激情のあいだ~男性編~】

「妻に対して興味が湧かないんです」

 ポツリとこう話し始めたヒロムさんは、寂しそうな表情で言葉を続けます。

「興味が湧かないって言い方は申し訳ないなって思うけれど、他の表現が見つかりません。妻とは恋愛結婚でしたが、今では、交際中から僕は妻のことをそんなに好きじゃなかったのかもしれないって思い始めています。

 よく、“好きの反対は無関心”とかって言うじゃないですか? まさにアレですね。怒りとか憎しみとかが湧けばまだいいんだろうけれど、妻に対しては何ひとつ興味が湧かないんですよ。

 同じ家で暮らしていますが、他人が自分の家にいるなっていう程度で、愛おしいとか感謝とかの気持ちが湧いてこなくて、僕自身も戸惑っています」

“いい妻”だろうけど幸せは感じない

 結婚して3年。妻の夏夜さんは、ひと通りの家事をきちんとこなし、パートで仕事もしていて「一般論で言えば、“いい妻”なんだろうと思う」と話すヒロムさん。「だけど、何のために一緒にいるのかと聞かれれば答えに困るし、妻と一緒にいる毎日に幸せを感じるかと聞かれれば答えは“NO”です」と続けます。

 妻から何度も、夫婦関係について話し合いを求められ、その度にヒロムさんも応じてきたとのこと。しかし夫婦間に大きな問題があるわけでもないので、話し合いはいつも抽象的な内容で終わってしまい、関係の改善には至っていないそうです。

「問題があるわけじゃないからこそ、関係が改善することは期待できないですよね。僕は妻に対して感情をぶつけるパワーも湧きませんし。

 浮気ですか? していませんよ。僕はもともと女性に対しては、そんなに積極的なほうではありません。妻と付き合ったのも、夏夜さんのほうから猛アプローチをしてくれて、“こんな僕にそこまでの愛情を向けてくれるなら……”というところからスタートしました。

 結婚するまでは別々に暮らしていたので、会うのは月に数回でした。だから、会っているときだけ夏夜さんに気を遣えばよかったんですけど、結婚しちゃったら毎日一緒じゃないですか。そうなると、妻の前でずっと演技をし続けるのも難しくて。

 夏夜さんは『付き合っているときとは全然違う』って僕に言うけど、そりゃあそうですよね。付き合っているときは、相手に不快な思いをさせないよう必死に演技してきたので」

妻も無関心になってくれたら…

 それでも「結婚した以上は、穏やかな家庭生活を営む義務があると考えている」と言うヒロムさん。今は、なんの感情も湧かない妻と、どうやって生涯を楽しく過ごしていこうか悩んでいると口にします。

「でもこれが、意外と大変なことなんです。やりたくないことや気が進まないことをやるのって、ものすごくエネルギーを使うじゃないですか。だからどうしても、妻に対してのケアというか、夫婦間の改善については僕の生活でも後回しになっちゃう。

 結婚が間違いだったんじゃないかと思うこともあるんです。でもそれを認めてしまったら、自分自身の後悔に繋がってしまうので、僕はそれを認めたくありません。

 妻も、僕みたいに僕に対して無関心になってくれたら、うまくいくんじゃないかなって思うんです。これって高望みですかね?」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

  2. 2
    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

  3. 3
    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

  4. 4
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  5. 5
    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

もっと見る

  1. 6
    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

  2. 7
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  3. 8
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 9
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  5. 10
    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮