彼氏優先してドタキャン⇒「まさみの親指」だけは勘弁して~!友達だから通じる爆笑ルール

公開日: 更新日:
コクハク

 気の合う友達や同じ趣味の友達とグループLINEでやりとりするのは楽しいですよね! 毎日やりとりを続けているうちに、グループLINEの友達だからこそ通じる独特文化が自然発生しちゃったりする感じとか…。

 今回は友達とのグループLINEで発生した独自の文化を3つ、ご紹介します。あなたには解読できますか?

解読不可能…友達だから通じるグループLINEの独特文化3つ

1.「オリゴ糖!」

 同じダイエットを志す友達と、「プロテイン同盟」というグループLINEを作ったこちらの女性。

 同じ時間に、オンラインで一緒に筋トレやストレッチをやる同盟で、団結を強めるためにも、ダイエットや筋トレなどにまつわる秘密の言葉を多用しているといいます。

 たとえば、生理による体調不良でオンラインジムを休む女性に、「動画とっておくね」と伝えた女友達。

 それに対して、ありがとうの代わりに「オリゴ糖」と伝えていますね(笑)。

 さらに、「お腹、プロテインにしてね」に関しては、「大豆プロテイン=だいず」という意味から「大丈夫」の意味があるとか。 暗号を使うと、仲間意識も深まりそう!

2.「まさみの親指」

 こちらの女性は、仲良しの友達と「友達命」というグループLINEを作っています。

 ある時、友達と遊ぶ約束をしていた日に、できたばかりの彼氏にデートに誘われて、友達よりも彼氏を選んだことがあったといいます。

 その時のLINEのやりとりがこちら。「ひどい! 友達より彼氏を優先するなんて、まさみの親指1分だね」と、罰のような扱いになっている“まさみの親指”が気になりますね…。

 実はこれ、直後に返信したまさみさんの足の親指の臭いを嗅ぐ罰なんだそうです(笑)。

 なんでも、足の臭さのレベルが桁違いなんだそう。そう考えると、1分でも相当長い気がしますね…。

3.「ペ」

 友達だから通じる言葉の中には、まったく意味をなさない「ノリだけの暗号」もあるようです。

 こちらの女性は、仲の良い友人たちとのグループLINEで、ノリだけのまったく意味がない言葉を使っているといいます。それが「ぺ」という言葉を必ず返信の一部に含めるというもの。

 画像を見ると、みんないろんな場所に「ペ」を入れていますね! 最初はふざけただけだったそうですが、だんだん「どこにペを入れるのか」のセンスを楽しむようになったとか(笑)。

 仲間同士にしか通じない面白さですね! ぺぺぺ!

友達だから通じるLINEは他人には解読不可能!

 3つのLINEを見てみると、文章の中の暗号をパッと見て理解できる人は少ないはず。そして、友達にしか通じない暗号を使ったLINEは、不思議と仲間の団結や絆を深める効果があるように感じます。

 あなたも、もっと絆を深めたい友達がいるなら、秘密の暗号を作ってみてはいかがですか?

(※LINEのやりとりの画像は、エピソードをもとに編集部で作成したものです)

(コクハク編集部)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる