「出産は諦めたけど子どもは欲しい…」マチアプでシンパパ射止める“5秒前”、47歳独女の家族計画

公開日: 更新日:
コクハク

47歳。出会いに恵まれずまだ独身

 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷” と“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

【冷酷と激情のあいだ〜女性編~】

 佐紀子さん(仮名)は、結婚歴のない47歳の女性。30代から婚活はしてきたけれど「この人!」という出会いに恵まれず、気づけば50歳が近づいていると悩んでいたそうです。

 現在の恋人であるシュンペイさん(仮名)とは、一念発起して登録したマッチングアプリで出会い、現在は交際半年ほどだと言います。

子どもが欲しい。そうだシンパパ限定で相手を探そう

「ずーーっと子どもが欲しかったんですけど、もう年齢的に自分では産めないのがほぼ確定だなって悟ったので、それならば、子どもがいる人と結婚をしてママになる! って決めたんです。

 だからアプリに登録したときには、シンパパ限定で相手探しをして、ビビビっときたシュンペイさんに私からアプローチして、無事に付き合うことになりました」

 シュンペイさんは離婚後、ひとり娘を育てているシングルファザー。

「子どもの教育に悪影響にならない範囲で、自分の幸せも探したい」とアプリに書いていたそう。

 その文章に誠実さを感じたと話す佐紀子さんは「この人と付き合って、将来的には結婚をしたい」と強く感じ始めたのだとか…。

そろそろ結婚したいけど

「簡単に言えば、アプリを通じた一目惚れってところですかね! シュンペイさんと出会ってから、毎日がバラ色ですよ。

 そうそう。彼が過去に離婚をした原因は、当時の妻の浮気だったそうです。

 勤務先の同僚と浮気をしていて、それを知ったシュンペイさんから離婚を切り出し、親権も彼がとったと聞きました。

 シュンペイさんってね、すごく真面目な男性なんですよ。私はチャラチャラしている男性がとても苦手なので、寡黙で余計なことを言わず、黙々と仕事に向き合うような男性が好き。

 だからシュンペイさんは、まさに私にとって理想のタイプなんです」

 半年間の交際期間を経て、そろそろ結婚へと話を進めたい佐紀子さん。

 しかし結婚の話題を出しても、シュンペイさんからはいつもはぐらかされてしまい、具体的な話が進まず、苦労していると打ち明けます。

娘ともいい関係なのに

「なんだろうなぁ…、彼は一度結婚に失敗しているから、慎重になってしまっているんですかね?

 私、自分で言うのもナンですけど、シュンペイさんの娘ともいい関係を築けているんですよ。

 だから私たちの関係を客観的に見ても、シュンペイさんは私と結婚をしたほうが幸せになれるのは間違いないと思うんです。

 それなのに、私がどんなに具体的な話に進めようとしても、シュンペイさんはむしろその話を避けているような様子で…。

 すでに結婚した友人たちに聞くと『結婚が決まるときは、半年くらいで具体的な話が出るよ』って教えてもらったので、私たちもそういうタイミングなはずなんですけどね」

3カ月以内に結婚したい

 佐紀子さんはできればあと3カ月以内にはシュンペイさんと結婚をして、シュンペイさんの娘とともに家族3人で暮らすのが何よりの夢と語ります。

「私、シュンペイさんの娘と養子縁組する心構えもあります。それほど、この関係に本気なんです。それに娘さんの年齢を考えても、早く私がママになってあげたほうがいいかなって。

 それなのにシュンペイさんが私たちの関係を進めようとしないのは、正直言うと、かなりイラッとしています。

娘と結託するのもあり?

 過去の結婚で失敗をしたからって、私との結婚を失敗するとは限らないし、もう少し将来に前向きになってもらいたいんですよね。

 このままシュンペイさんが煮え切らない態度を続けるんだったら、私は先に彼の娘と話をして、2人で結託してシュンペイさんを説得するしかないかなぁって。

 なるべくそういう感じにしたくないから、シュンペイさんには早く将来のことを真剣に考えて欲しいんですけどね」

  ◇  ◇  ◇

 理想とする結婚相手とようやく巡り合った自覚があると、何度も口にする佐紀子さん。

 では、パートナーであるシュンペイさんは、佐紀子さんとの関係をどう受け止めているのでしょうか。

 次回に続きます。

(並木まき/ライター・エディター)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる