一生添い遂げる結婚相手を見つけるのは不可能!? 人生100年時代、日本の結婚制度限界じゃない?

公開日: 更新日:
コクハク

結婚制度に無理があるのでは?

【解消されない夫婦のモヤモヤ】

 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。

 婚活がうまく進まず、「婚活疲れ」している人がいると聞きます。

 一人で人生を歩むよりも、結婚して家庭を作って幸せに過ごしたい――。

 そのように感じるのは自然な感情でしょう。しかし、時代の変化とともに、同じパートナーと一生添い遂げることを期待される結婚制度には、令和の時代にマッチしているのでしょうか。

日本人女性が結婚したくない理由

 内閣府が行った「令和3年度 人生100年時代における結婚・仕事・収入に関する調査」のうち、独身の男女に聞いた「積極的に結婚したいと思わない理由」では大変興味深い結果が出ています。

 男女間で差があり、女性の方が高いものの一つに「仕事・家事・育児・介護を背負うことになるから」が上げられているのです。

 現代社会では結婚しても共働きが一般的です。さらに出産すると、育児の負担は女性に大きくかかります。その上、トシを重ねると、配偶者の家族や自分の両親の介護問題も発生します。

 このような状況下で、負担はパートナーと分担すればいいのですが、上の年齢の女性たちがこれらの問題に苦労している姿を見て、結婚に対してネガティブな感情を抱くのも理解できます。

 結婚後、家庭の責任が女性に一方的に押し付けられる現状では、結婚したくなくなる気持ちも納得できます。

 しかし、このままでは少子化が進み、日本の未来は暗くなる一方です。子育ては大変ですが、家庭において幸せな時間をもたらしてくれることも事実です。

 結婚の是非は置いておいて、少子化を食い止めるためにも、若い世代には子どもを授かることをためらわないで欲しい、と思っています。

子育てがひと段落したら解散

 私は、子育てがひと段落した後は、解散(離婚)してお互いが自由に生きればいいのではないかと考えています。

 子どもが幼い頃は、母親と父親の存在は重要です。可能な限り2人で協力しながら子育てをするのが良いでしょう。

 しかし、その後はお互いが自由な道を歩むのも一つの選択肢です。結婚は一生涯にわたって続くものと考えるのではなく、夫婦の関係もまた変化する可能性があります。

 もちろん、お互いが一緒にいたいと思うのなら、関係を継続させてもいいでしょう。それが理想の夫婦の形だと思いますが、全ての人にとって結婚が唯一の幸せな形態であるとは限りません。

 私には、夫との間に2人の子どもがいます。現在は協力しながら子育てをしていますがセックスレス状態ですので男女としての関係はもうありませんし、好きという感情もありません。

 家庭としては機能していますが、夫婦としての役割は果たせていないので、離婚を決意しました。

 夫婦の形は、もっと多様であるべきだと思うのです。

今でも結婚は間違いではないと思っているが

 現在は、夫とのセックスレスは10年を超えていて、SNSでつらい胸の内を発信していますが、それでも夫と結婚したことを後悔はしていません。

 私は、昔から自分の意見は譲らず、どちらかというと自分勝手でわがままだと自負していますが、そんな私を受け入れてくれる夫に感謝すらしています。

 でも、そんな相手であっても、一生添い遂げることを期待するのは無理があると感じています。夫婦として、家庭を運営するパートナーとして、男性として、父親として…。全ての役割を一人に求めるのは無理があるのではないでしょうか。

 人生100年時代。ライフステージごとに、パートナーを変えてもよくないですか?

 人間は変化するものです。20代の頃に求めるものと、40代の頃に求めるものは異なるでしょう。新婚時代を経て、子育てが落ち着いたら、パートナーを見直すことは自然な流れではありませんか?

離婚をネガティブに捉えすぎないように

 以前、結婚したくない若者が増えていることについてコラムを書きました。その理由の一つに、離婚をネガティブに捉える社会の風潮が関係しているのではないかと思うのです。

 離婚をただ否定的に捉えるのではなく、新たな人生の始まりや、人間関係の再構築として、ポジティブに変換すべきではないでしょうか。

(まめ/フリーライター)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル