20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」一緒に歩くのが恥ずかしい…

公開日: 更新日:
コクハク

 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対して「いいトシした大人の女性なのに、そのメイクはちょっと痛いなあ」と思うこともあるようです。

 時短美容協会に所属する20代の筆者が、20代の男性に「近寄りたくないアラフォー女性がしているメイク」をリサーチしましたので、実際に再現していきます!

1. ギラギラと派手なギャルアイメイク

 大粒のラメやグリッターで目の周りをギラギラさせるギャルアイメイクは、アラフォー女性には鬼門。痛くてお下品な女性と思われていますよ!

20代男性の率直な感想は…
「いい年をして自分を客観視できていない」(27歳・マスコミ)

「無理に若づくりする姿が、哀れですらある」(26歳・書店員)

 ラメの入ったアイシャドウを使う時は粒の小さいものや、さりげなくパール感が配合されているものを使うと、ギラつきが抑えられますよ。

2. 盛り過ぎまつげ

 派手なデザインのマツエクやつけまつげをしているアラフォー女性は要注意!「盛りすぎまつげ」は20代男性から大不評でした。

20代男性の率直な感想は…
「バッサバサのまつげは、不自然すぎて怖い」(24歳・医療)

「“ひじき”みたいなまつげは、正直汚いとしか思えない」(25歳・公務員)

 アラフォー世代のマツエクやつけまつげは、シンプル&ナチュラルが鉄則。できるだけ自まつげとのギャップの少ないデザインを選んで、さりげないボリューム感を出す程度で十分でしょう。

 そのほうが、20代男性の目には上品な大人の女性として映ります。

3. 茹でダコみたいに濃いチーク

 20代男性が意外にチェックしているのがチークの使い方。チークひとつで、痛いオバサンか上品なオトナの女かの分かれ目に。

20代男性の率直な感想は…
「頬だけ真っ赤で一緒に歩くのが恥ずかしかった」(23歳・金融)

「異様に血色がよくて、酔っぱらっているのかと思った」(28歳・IT)

 顔色を明るくするために、発色のいいチークをたっぷりと頬の上にのせるのはNG! 茹でダコのような顔になってしまいますよ。は、恥ずかしい…。

 チークは、さりげなく血色感を出す程度でとどめましょう。

20代男性もメイクに詳しくなっている

 今回ご紹介した20代男性が「近寄りたくない」と思うアラフォーメイクの共通点は、ズバリ「やり過ぎ」

 最近の20代男性は、メイクにも詳しくなっています。無理して若い世代で流行しているメイクをする年上の女性に対しては、厳しい目が向けられていますよ。

 美意識の高い男性たちが「素敵だな」と感じるのは「年相応のメイク」です。ぜひ意識してみていただければ幸いです。

(時短美容協会所属/野元玲杏)

(時短美容協会/一般社団法人)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル