40女が再認識した「超絶モテ」のお作法 合コンの“絶対的エース”に学ぶ3本柱、震えが止まらねえ!

公開日: 更新日:
コクハク

 先日、大学時代の友人・Rちゃんと久しぶりに食事に行きました。このRちゃん、学生時代は「合コンの絶対的エース」でした。
 あれから早30年近く。阿鼻叫喚の色恋地獄(笑)を経て、お互い結婚し穏やかな40代後半の日々を過ごしております。
「いやーあの頃は謎にモテてた。バブル来てた」なんて昔話に花を咲かせていたのですが、久しぶりの再会で、筆者はわかりましたよ! Rちゃんがモテまくった理由が。

【日めくりコクハク】

1. サプライズプレゼント

 待ち合わせのお店に登場したRちゃん、久しぶりの挨拶もそこそこにガーベラの花束を渡してくれました。はて? 誕生日でもないし一体ナゼ? と首を傾げたところ

「年度末、無事に生き延びたお祝い。ちなみにガーベラの花言葉『希望』だから。これでまた今年度もがんばろ!」

 とのことでした。

 なに、その気遣い。めっちゃうれしいんだけど。しかも花言葉まで添えてくれるとは…。

 さらにその花束、紙袋に入っていたので持ち運びも楽々。こういう細かい心配りをサラッとできるのがすごい。

2. おいしそうに食べる

 さて、この日のメニューはご褒美ランチということで、ちょっとお高めの焼肉屋さんを予約。お皿に上品に盛られたお肉たちの美しさよ。

 近況報告をしながら、丁寧に焼いたお肉をぱくり。いいお肉あるあるの「脂が甘い」「口の中でとろける」を堪能しました。肉、最高!

 ふとRちゃんを見ると、目をつぶりとても幸せそうな顔をしていました。そしておもむろに、

「おいしいね。お肉、おいしいねえ…。いいお店予約してくれてありがとうね!」

 と満面の笑顔。

 最上級の笑顔に筆者の心もとろけましたよ。

 確かに昔からRちゃんは、何でもおいしそうに食べていました。それがあんまりおいしくない母校の学食でも、コンビニのサンドイッチでも。

 ニコニコしながら「おいしい」といって食べるんです。見ているだけで、満ち足りた気持ちに。

3. ゆっくりしゃべる

 Rちゃんの最大の魅力は、そのしゃべるスピード。とにかくゆっくりしゃべるんです。関西人の筆者が時折、「早送りボタン押したろか?」といじるくらい。

 深田恭子もかつてバラエティー番組で悩みを吐露していたようですが、Rちゃんも同様。自分のスローなトークにちょっとコンプレックスを持っている模様。

 いや、でもそれがいいんです。一生懸命聞きたくなってしまうんですよね。「うんうん、それで」と話の続きが気になるんです(笑)。

おわりに

 若い頃はモテていたけど、年齢を重ねるとそれほどでも…なんて人も多いですよね。あの頃の輝きはどこへ?

 久々のRちゃんはそんな悲しい現象とは無縁、かつての「合コンの絶対的エース」は40代の今も尚、健在でした。「サプライズプレゼント」「おいしそうに食べる」「ゆっくりしゃべる」はどれも、いわゆる“モテテク”ですが、Rちゃんの場合小手先ではなく、自然に身に付いているものなのでしょう。もうね、メロメロですわ。

 その一方で改めて、自分のがさつさと劣化ぶりを反省しましたよ、トホホ。

 Rちゃんを見習い、一緒にいるとなんだか幸せな気持ちになる、そんな女性になりたいと思います。まずはトークの速度をゆっくりにしてみようかな…。

(編集K/コクハク編集部)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル