台湾の聖子ちゃん? 女神「媽祖」の人気が凄まじい…どこよりも詳しい!? 台湾のカオスな“宗教お祭り”ルポ

公開日: 更新日:
コクハク

台湾のシンジラレナイお祭り!

【台湾ツウ!】

 ガヤガヤとうごめく人混みの頭上に降りそそぐ、どう考えてもヤケドしそうな熱々の花火! 街全体が熱狂に包まれ、路上はさながらカオス状態…。なにがなんだか、意味がわかりません!!

 この衝撃写真が、実は女神さまのお祭りだと、誰が信じてくれるでしょうか?

 今回は、道教が最も信仰されている台湾で、ダントツに人気を誇る女神「媽祖(まそ)」のシンジラレナイ! お祭りについて、お話しします。

まるでゾンビ映画!? 台湾の人々が集まるそのワケは

 鐘の音がリズムを刻み、大音量の爆竹が鳴り響くなか…人、人、人!! 大群で押し寄せてくる人の波は、まるでどこぞのゾンビ映画です。
 
 一体ナニが起こっているの!?まだ夜も空け切らない朝の5時から夜まで続くなんて…。静寂を重んじる日本人の私たちには、少々信じがたいですよね?

 にぎやかを通り越して、ちょっとどころじゃない迷惑なお祭りの主役は「媽祖(まそ)」 と呼ばれる道教の女神。 台湾の人たちに絶大な人気を誇る媽祖のお祭り「白沙屯媽祖進香 (バイシャーツンマーズージンシャー)」は台湾最大の宗教行事といわれ、今年も3月18日未明から盛大におこなわれました。

 媽祖がまつられた神輿(みこし)を担いで、台湾の都市から都市へと媽祖の寺院を練り歩く巡礼の日程は毎年旧暦の2月9日から 8泊9日! 歩行の総距離は約400キロ、聞いただけでめまいがしそう…。

神の力で神輿が進む? 破天荒な女神、媽祖の進む先はまさかの…

 とにかく人々の熱気と興奮、そしてなにより根気がすごい媽祖のお祭り。街中を練り歩く神輿のあとを数多の人が、百鬼夜行のようにゾロゾロとついていきます。

 ときに神輿が大きくグラグラと揺れだしても、それは人間が揺らしているのではなくて、「媽祖さまの力によって勝手に動く」そうな。

 信じるか信じないかはアナタ次第ですが…。

 神輿の行き先は「媽祖さま自身が決める!」といわれ、突然の方向転換をしたり、後ろへ進み出したりと、あっちへこっちへの大騒ぎ! 神輿を担いでいる人が吹っ飛ばされないのが不思議なくらいです。

 気まぐれな女神、媽祖の神輿は橋が真横にあるにもかかわらず、川のなかへザブザブと入っていったり、ときには学校のなかへ乱入し授業が中断してしまうことも。

 過去には高速道路へ大群を引き連れて突入するというから…もうなんでもありです!

 2013年には、なぜかBMW販売店へ乗り込んだ媽祖の神輿。神輿が店内に入ってきたので展示されていた超高級車を大急ぎで動かしたことから、それ以来、媽祖の神輿は「粉紅超跑(ピンク色のスポーツカー)」と呼ばれています。

通称「ピンク色のスポーツカー」で登場!

 暴走する女神のド派手なスポーツカーと、それを追いかける人々たち…。これだけ聞くと、メンヘラなアイドルとその破天荒っぷりを熱狂的に追いかける、ファンクラブのオタクとそう変わりませんよね…。

ここは難民キャンプ?シンジラレナイ祭りへの参加実態

 ここまででも混沌とした状況を十分にお伝えできたと思うのですが、これで終わらないのがこのお祭りのヤバいところ。

 お祭りのあいだ、媽祖の神輿が通る都市のホテルは全て満室! 知り合いが近くにいる人は、みんなで押しかけ、その人の家で寝泊まりするのだそう。

 ですが、それでも足りない宿泊場所…。

 そこで寺院や、近隣の会社などでは滞在できるように場所を提供。加えて毛布や枕などを貸してもらえる場合もあるそうですが、ベッドや敷布団などはもちろんなく、基本は床にごろ寝です。

 今年お祭りに参加した台湾人の友人は、寺院の廊下で一夜を明かしました。廊下に並んで眠りにつく姿は、「もはや、難民キャンプですよね?」と言いたくなってしまうのは、筆者だけでしょうか?

まるで食べ歩きツアー!?

 こんな状況下でご飯とかってどうするのかな?って思ってしまった、食いしん坊のアナタ。安心してください、食べ物もちゃんとあります!

 サービス精神が素晴らしい台湾人。なんと巡礼に合わせ、沿道の住民が参加者に飲み物や食料などを提供するのが古くから習慣だそう。

 巡礼の近くでは炊き出しがおこなわれて、出来たてのおいし〜い台湾飯をなんと無料でいただけちゃいます!

 それだけではなく、道ゆく先々でお菓子や果物、水なども用意されています。台湾名物のちまきや肉まん、台中名物の太陽餅なんかまで、タダでもらえちゃうことも。長い道のりも楽しみながら歩けちゃいそうですね!

 ちなみに友人は「長い距離歩くから痩せるかな〜とか思ってたけど、逆に食べ歩きみたいになって、ずっと食べてたよ(笑)」と語っていました。

台湾の聖子ちゃん? 媽祖の人気っぷりが凄まじい!

 道教が最も信仰されている台湾で、ダントツに人気を誇る女神「媽祖」。なんと開運成就、心願成就、商売繁盛、無病息災など、全てのことにオールマイティにご利益があるとされています。

 願いを叶えたいときには、とりあえず媽祖に願っておけば…という下心があったかはわかりませんが、台湾には媽祖を祀る廟(びょう)が、3000近くあるといわれます。

 九州くらいの大きさしかない台湾に3000もの廟があるなんて… 台湾人イチオシ女神、媽祖の人気は計り知れませんね!

 でもって、今年の「白沙屯媽祖進香 」の参加者は… 30万人超! まさに台湾では神のなかのアイドル、松田聖子ちゃん的な存在のようです。

 2019年にはアプリも開発され、お祭りの開催中、神輿がどこにいるかGPSで追いかけられるのだとか。台湾人の熱心な媽祖追っかけっぷりには脱帽です!

1日だけの参加もOK!

 媽祖のお祭りは8泊9日でおこなわれていますが、1日だけの参加もOK。台湾人の熱狂っぷりを身をもって経験したい! という勇者は、来年、参加してみてはいかがでしょうか?

(取材・文=うーか/キジカク)

▽うーか ライターチームで執筆活動中。アメリカに12年、台湾に2年在住の経験があり、海外ならではの面白い話題を探すことが日課。実体験や友人のエピソード、クスッと笑えるユニークなグルメや驚きのカルチャーなどを紹介しています! 最近は愛犬の「ころも」こと、ころちゃんと一緒に様々な場所へ出掛けることに夢中です。

  ◇  ◇  ◇

 4月3日の台湾地震におきまして、また余震が続く中、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今