男性の「象徴」が苦手です…肉体関係なしで私を愛してくれる人はいないの?(相談者:ナニナニ子さん)

公開日: 更新日:
コクハク

【ルノルマンで解決!悩める人生に愛のムチ】

「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしている「星座別パワーワード占い」が人気を集めている七色翡翠が、女性たちの悩みをバッサリ診断します。

 さて、今日その扉を開く相談者は…、このかたです!

【42歳女性・ナニナニ子さん】

「過去には1年だけですけど結婚もしましたし、恋人もそれなりにいましたけど、私はどうしても男性の象徴である“アレ”を気持ち悪いと思ってしまいます。

 だからパートナーができても、夜の生活が苦痛で仕方なくて、そういう私の姿を見て相手がイライラしたり傷ついたりして、うまくいかなくなるパターンばかりです。

 結婚をしていたのは20代の頃で、そのときの夫に抱かれる前には、わざとお酒を大量に飲んで、夫のアレを見る気持ち悪さを軽減させていました。

 子どもができれば離婚しないで済んだかもしれませんが、私が子づくりにも気持ち悪さを感じてしまって、夫とはレスが理由で離婚したんです。

 でも、50歳までには人生の伴侶みたいな彼氏が欲しい。体の関係がなくても私を愛してくれる男性と巡り会いたいのですが、いつ頃そのチャンスがきますか? 切実なので、教えてください!」

七色翡翠先生! 幸せになる方法を教えて!

 あぁ…、これは驚きだわ。この悩みは前世からの因縁を引きずってしまっているから、本人にとってはすごく深刻ね。

「そんなの目を瞑っていれば、わからないから大丈夫よ」なんて軽いアドバイスじゃあ解決しないレベルだから、これまでさぞかし苦しんできたでしょうね。

 えーっとね…、結論を先に言ってしまうと、将来的にはあなたが望むようなパートナーとの出会いがあって、肉体関係を伴わない穏やかな関係を築けるから大丈夫よ。だけどね、それが叶うのは、まだまだ先なのよね。

 カードで出ている時期を見てみると、早くても60代後半。遅ければ80代になっていてもおかしくないわ。

お金か仕事の関係で、深い悩みを抱えそう

 それよりもちょっと気をつけて欲しいのは、これから恋愛ではなくお金か仕事の関係で、深い悩みを抱えそうよ。そのときに男に逃げようとすると危険の暗示が強く出ているから、判断を誤らないようにしてちょうだい。

 そう遠くない未来に、生活の基盤が揺らぐ時期が来るんだけど近づいてきた男によって、さらに人生が乱れる示唆が出ているのよ。

 いざそのときが来たら、あなたがすごく弱っているせいで、身近な男との出会いにすがりたくなるかもしれないわ。

 だけど、深入りをしてしまうと、あなたの今抱えている悩みが、さらに深まる危険が高いわね。

試練を乗り越えた先に出会いがある

 生活基盤が揺らぐのは一度だけの暗示よ。悲観的になりすぎる必要はないわ。そのときが来たら「もうダメかもしれない。誰かに依存したい」ってなりそうなんだけどグッとこらえて、やるべきことを淡々とこなしていきましょうね。

 試練をひとりで乗り越えられた先には、今よりも自信がついていくようだし、その自信のおかげでいい出会いが待っている流れよ。

 くれぐれも、孤独を埋めたいからって目先の癒しに走らないように。最終的にはあなたが望むようなパートナーが待っているから、安心してちょうだいね。

 ◇  ◇  ◇

 七色先生の愛がこもったアドバイス、いかがでしたか? 心に染み入りましたか?

 次回も悩める人たちの誰にも言えないお悩みを、ビシッと解決してもらいましょう!

(※)<ルノルマンカード>とは

 18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起源です。

 日本では、タロットカードやオラクルカードに比べると知名度が低いものの「ルノルマンのほうが当たる!」と根強いファンも多く、それぞれのカードに数字が割り当てられていることから、日にちを占うカードとしても適しています。

 複雑な展開法の解釈には高度なテクニックも必要ですが、展開されたカードの「正位置」や「逆位置」は問いません。

(七色翡翠/占い師)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる