北陸新幹線延伸で福井県歓喜の裏で…“貧乏くじ”鯖江市民から怨嗟の声が噴出

公開日: 更新日:

「新幹線のバカタレ!!」──。

 60代後半女性の怒声がこだましたのは、福井県・鯖江駅前の路上だった。

 福井県といえば、3月16日に北陸新幹線の金沢-敦賀間(約125キロ)が開業。東京から敦賀まで直通となったことで観光客が押し寄せた。GW期間中は福井駅、敦賀駅が新幹線特需で賑わう様子をメディアがひっきりなしに報じた。

「4月28日は開店史上最も予約が入って電話が鳴りやまず、断るのが大変なくらいでした。駅前は今まで見たことのない人混み。新幹線効果を実感しています」と、本紙記者が訪ねた福井駅付近のレンタカー屋もホクホク顔だった。

 活気づく福井駅周辺とは対照的に、暗い表情を浮かべるのが鯖江市民だ。福井駅から15キロほど南に位置する鯖江市は、そのど真ん中を新幹線が走っているものの、停車駅はない。しかも特急「サンダーバード」「しらさぎ」の金沢-敦賀間が廃止されたことで、鯖江駅利用者は大阪、名古屋へ行くには敦賀駅での乗り換えが必要になった。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた