「結婚前提交際なのになんで?」婚姻関係を露骨に拒む彼と、闇落ち寸前の38歳女

公開日: 更新日:
コクハク

38歳。交際1年の恋人と順調交際も…

 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷” と“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。


【冷酷と激情のあいだ〜女性編~】

 38歳の奈々恵さん(仮名)は、3歳年上の恋人・ケンゴさん(仮名)と、交際1年を迎えたばかり。

 奈々恵さんいわく「お付き合いはすこぶる順調」で、月に数回のデートや数カ月に1回のプチ遠出旅行も楽しく、日々のコミュニケーションも問題なく続いているそうです。

結婚前提だったんじゃないの?

 しかし…。

「結婚の話を進めたいのに、ケンゴがまったく同意してくれないんです。

 私はもう38歳なので、あと少しで40じゃないですか。正直、かなり焦っています。

 付き合い始めたのが37のときで、彼から『付き合おう』って言われたときに『年齢的に、結婚前提じゃないと無理』って返事をしたうえで付き合い始めたから、彼は私に結婚願望があることはわかっているはずなんですけど…」

レスじゃないし、関係もいいのに

 結婚前提で交際をすれば、1年くらいで自然と入籍の話が出ると思っていたと話す奈々恵さん。

 ところが今では、奈々恵さんが結婚の話をしようとすると、ケンゴさんは露骨に不機嫌な表情を見せるようになっているといいます。

「ケンゴがそんな感じなので、結婚の話をするのが、すっかり怖くなってしまいました。

 かといって、このままズルズル付き合っていても、その先に結婚があるのか…って考えると、時間の無駄なのかな? とも思って。

 変な話ですけど、夜の生活もありますからレスではありませんし、結婚の話が進まないことを除いては、そこらへんのカップルと比べても、かなり仲がいいほうだと思うんですよ」

別の相手を探すべき?

 別れる決定打はないけれど、結婚に繋がらないのであれば、早めに見切りをつけて別の相手を探すべきなのか…。奈々恵さんは、このところずっと悩み続けていて、仕事も手につかなくなってきているとのこと…。

「まさかここへきて、ケンゴとの結婚で、こんなに悩むとは思ってもいませんでした。

 そもそも“結婚前提”で付き合っているのに、なんでいざ結婚となると尻込みしているのか、意味不明ですよね?

40歳までに子どもが欲しいのに

 きちんと理由を説明してくれるならともかく、ゴニョゴニョと煮えきれない返事しかしないし、それ以上私が言えば、不機嫌な顔しかしないし…。なんだかズルいし、男らしくないなってイラつきます。

 40歳までに子どもを産む目標を逆算すると、もう私はタイムリミットだと思うんですよ。

 なんでケンゴは、そういう私の気持ちを、きちんと理解しようとしてくれないのか…。“結婚前提”で交際を始めた意味を、もっと真剣に捉えてほしいです」

  ◇  ◇  ◇

 別れる勇気もなく、結婚へも進まない今の状況に対して、自分でもコントロールできないほど、とてつもなくイライラする時間も増えていると、ため息を重ねる奈々恵さん。

 では、恋人であるケンゴさんは、今のふたりの関係や将来について、どんな思いを抱いているのでしょうか。

 次回に続きます。

(並木まき/ライター・エディター)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず