地雷踏んでませんか? 年下男子が“即ブロ”認定する「年上女性からのLINE」とは

公開日: 更新日:
コクハク

まんまとLINE友達になることに成功

「どうして? 彼からブロックされちゃった…」と、茫然とする年上女性が増えています。
 うまくいってると思っていたのに、突然ブロックされるそうですが、その理由について、年下男子の意見も入れて探ってみました。

【内藤みかのあたらしいのがお好き】

 K子さん(41)の話は、年下男子にブロックされる典型的な事例です。

 彼女はパートで働いていたファミレスで、年下の大学生のMくん(22)を気に入ってしまいました。筋トレにハマっているという彼のガッチリした体つきや爽やかさに惹かれたのです。

 そして、彼と同じ時間帯にシフトに入り、あれこれ話しかけて仲良くなろうと試みます。

 ある程度雑談もできるようになった頃合いを見て「緊急連絡の時に使うために」と言って、彼とLINE友達になることに成功します。

「親しくなった」と錯覚を起こしてしまい…
 まずはLINE友達を目指すというのが、年下男子に熱を上げる年上女性がよくやる行動です。

 けれどK子さんもそうですが、LINEでやり取りするようになると、自分たちはプライベートでも親しい関係だという錯覚を起こしてしまったのです。

 K子さんは、緊急連絡以外にも「今日は暑いから気をつけてね」などと、世話を焼くようなメッセージを彼に送るようになってしまいます。

 すると、彼からの返信が次第に来なくなり、しまいには既読もつかなくなり、パート先で顔を合わせても避けられるようになってしまいました。

目を合わせなくなったのは「好意のサイン」

 そんなMくんの態度を「きっと照れているのね。もしかして私のことを恋愛対象として意識してる? キャー!」などと勝手に勘違いし、舞い上がるK子さん。はたから見たら痛い人ですが、このような女性が、実は結構多いのです。

 K子さんは、Mくんがバイト中に目を合わせなくなったのを「好意があるサイン」だと思い込み「彼は年上の私を誘う勇気がないだろうから、私から誘ってあげなくちゃ!」と思い切った行動を起こします。

デートに誘ったのに突然の音信不通
 K子さんは、彼がバイト中に観たいと話していた映画のチケットをペアで購入しました。そしてLINEで「この前観たいと言ってた映画のチケットあるけど、一緒に行かない?」とデートに誘ったのです。

 しかし、既読は付くのに、待てど暮らせど返事が来ません。「いつ行く? 早くしないと上映が終わっちゃうよ〜」と再度LINEをしてみると、今度は既読すらつかないのです。

 …もしやと思って調べてみたら、彼にブロックされていたのです。

半泣きで問い詰めても「LINEやめます」ときっぱり

 K子さんはバイト帰りの彼を待ち伏せして、「どうしてブロックなんてするの?」と半泣きで問い詰めました。気分は恋する乙女ですから、目には涙まで浮かべていますが、Mくんの態度はとても冷たいものでした。

「K子さんのことはなんとも思ってないですし、僕には彼女がいるので、もうLINEのやり取りはやめます」と、Mくんにきっぱり言われ、K子さんは大きなショックを受けました。

 彼に拒否されたことがつらすぎて、パート先のファミレスもやめたそうです。

自分勝手に盛り上がると痛い目に
 年上女性からハートなどの絵文字をたっぷり使ったLINEが来て困ったという話は、年下男性たちからよく聞きます。「自分は思わせぶりなことをした記憶もないのに、勝手に彼氏のように扱われて怖い思いをしたことがある」と言う人も少なくありません。

 K子さんは「LINEを続ければ自然と恋人みたいなムードになると思ってた」と言うのですが、あちらにその気がない以上、そんなことは起きません。彼の気持ちをきちんと確かめるまでは、ハートの絵文字やスタンプは使わないほうがいいでしょう。

 K子さんのようにブロックされないためにも、「意味のないLINEはしない」「LINEの回数と恋愛感情は比例しない」「返事が来ない時にデートに誘うと逆効果」ということに気をつけてやり取りしましょう。

 年下男子は繊細です。すぐ恋仲になろうと焦らず、ゆったりムードで長い目で関係を育てていきましょう。

(内藤みか/作家)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代