40代、昔なら“無い男”との告白前旅行とかってアリ? 恋の始め方を見失った45歳バツイチ女性の戸惑い

公開日: 更新日:
コクハク

45歳、バツ1。何の不満のない日々が…

 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷” と“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。


【冷酷と激情のあいだ〜女性編~】

 45歳の紗子さん(仮名)は、6年前に離婚して以来、シングル生活を満喫し、何も不満のない日々を送ってきたそう。

 仕事も順調でいい友人にも恵まれ、平日も週末も、まさに紗子さんが理想とする日々を過ごしてきたと言います。

 しかし2カ月ほど前に出会った3歳年上の男性・スグルさん(仮名)のことで、これまで経験したことのない不安や不満を抱いていて、そんな自分に苛立ちが止まらないのだとか…。

バーで会った男に翻弄されて

「恋人をつくる気はなかったんですけど、たまたま一見で入ったバーで出会ったのが、スグルさんです。

 でもね、お酒が入っていたこともあって、その場で意気投合し、連絡先を交換したまでは良かったのですが…。

 その日以来、ほぼ毎日LINEをもらうし、思わせぶりな言葉も随分と言われているのですが、明確に『好き』とも『付き合おう』とも言われなくて、スグルさんの態度や言葉にイライラが止まらないんです」

 スグルさんから紗子さんに対して、肉体関係を迫ってきたことはこれまで一度もないけれど、「ドライブ」や「旅行」には誘われているとのこと。

 しかし紗子さんは関係が曖昧である以上は、OKをするわけにはいかないと考え、こういった誘いには応じず、今のところは食事の誘いのみ応じてきていると話します。

仕掛けてはみたけれど

「変ですよね? 付き合っていないのに、ドライブだの旅行だのって…。

 私、ぶっちゃけた話をすると、スグルさんを好きになりかけていたんですよ。ちゃんと彼が『好き』とか『付き合おう』とか言ってくれれば、応じるつもりでいたんです。

 だけど、そういう話は一切出てこなくて。

 食事に行ったときに、こっちから仕掛けてみたこともあるのですが、彼から告白はされませんでした」

 20代や30代であれば「煮え切らない男」と判断し、バッサリ切っていたはずと話す紗子さん。しかし40代になった今、気が合う相手との新規の出会いすらも貴重だと痛感して、煮え切らない態度のスグルさんと細々と縁を続けていると言います。

恋の始め方がわからない

「40代になって、恋愛の始め方がわからなくなりました。

 若い頃は、勢いとかノリ、その場の流れもあって、いい雰囲気になった人とはすぐに付き合っていたし、仮にそれでダメだったとしても別れて終わりって感じだったのに。

 40代になったせいか、恋の始め方すらも30代までのやり方ではダメな感じがして、戸惑います。

 大人の恋って、どういう感じなんでしょうね?

 スグルさんとは価値観や考え方が合うな〜って感じていたのに、恋の始め方に関しては、正直、波長が合っていないようです。スグルさんが考えていることが1ミリもわからなくて、切るべきなのか…、それともむしろ告白前にドライブや旅行に出かけてみるべきなのか…。

 私の価値観では、交際前に男性とドライブや旅行に行くのは“軽い女”がすることという認識があるのですが、それって、もはや40代の恋愛には通用しない価値観なのかしら…。

 いつまでスグルさんと、今の友達以上恋人未満みたいな曖昧なやりとりを続ければいいのか、まったく判断できなくて、毎日そんな自分にもイライラします」

  ◇  ◇  ◇

 恋の予感がしながらも、一向に進展しない関係に不満が募っている紗子さん。では、お相手であるスグルさんは、紗子さんとの関係をどのように感じているのでしょうか。

 実は、スグルさんは行きつけのバーのマスターに、紗子さんとの関係について打ち明けていました。次回に続きます。

(並木まき/ライター・エディター)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方