“70点の自分”凄い! 40代になってやめてよかったこと6つ…執着を手放したら生きやすくなった

公開日: 更新日:
コクハク

思い切って手放してみて! 40代でやめてよかったこと6つ

 人はいろいろな経験をしながら成長していくものですが、40代というのはその中でも大きな節目です。子育て中に多くを学んだり、病気や怪我などを通じて人生観が変わる人も…。
 今回は人生の先輩たちが感じた「40代で思い切ってやめてよかったこと」を6つ、ご紹介します。執着を手放すと断然自分らしく生きられるようになるはず。ぜひ参考にしてみてください!

 さっそく、人生の先輩たちが感じた「40代でやめてよかったこと」を見ていきましょう。

1. 他人の目を気にする

 40代になって、他人の目を気にするのをやめた人は多いようです。「自分がどうしたいか」ではなく、「周りにどう思われるか」を基準に生きていると、本来の自分からどんどん遠ざかってしまいます。

 40代は、結婚や出産、仕事が安定したりと、しっかり足元を固めていく年代。だからこそ、ふと振り返った時に「私が本当はどうしたいんだろう?」と、真剣にこれからの生き方を考えるタイミングなのです。

2. 自分に合わない人間関係

 40代になって人間関係を整理した人もいます。なんとなくで付き合っている人や悪影響のある人、依存癖のある人などがいれば、関係を整理するのもいいでしょう。

 人生の限られた時間を誰と過ごすかは、とても大きな問題です。出会いによって人生はいくらでも開けていくもの。今の自分に合わないと感じる人間関係を整理すると、空いたスペースに新しい人とのご縁が舞い込んでくるかもしれませんよ。

3. 社会の価値観に合わせる

 今まで自分の考えだと思っていたけれど、実は「メディアや社会の価値観を正しいと思い込んでいただけ」と気がついた人もいます。社会の価値観は「〇〇はこうあるべき」「〇〇をしなければならない」など、自分を縛るものです。

 そもそも物事の善悪や正解不正解を決めるのは自分自身。不要な価値観で自分を苦しめていたなら「〇〇してもいい」「〇〇な自分でいい」と、肯定するような考えに改めていきましょう。

 自分が何を好きで何が嫌いなのかも一度じっくり向き合ってみるといいですね。

4. 完璧主義

 完璧主義を手放すのも、大人になった今だからこそできることですよね。これまでは70点を取れても自分を責めていた人もいるでしょう。

 でも果たしてそれは「本当に完璧じゃないと価値がないのか」をよく考えると、そう思い込んでいるだけのケースがほとんどです。

 完璧主義でいると、人にも完璧を求めてイライラしたり、人一倍疲れたり、失敗を恐れて行動できなくなったり…。いいことがないので、40代からは適当主義で生きていくのがおすすめです。

5. SNS

 多くの人と簡単に交流できるSNSは、心の豊かさにつながる場合もあるはずです。でも、過度にSNSにハマってしまうと多くの時間を無駄にしてしまいます。

 日々SNSで仕入れる情報に気持ちを左右される人もいるでしょう。一度スマホを見ない時間を作ってみてください。いつも見過ごしていた空の美しさや風の音、道端の花の美しさ、ご飯のおいしさなど、たくさんの幸せを見つけられるかもしれません。

6. 不健康な生活

 不健康な生活を手放した人もいます。40代になると、だんだん体の衰えを感じてきますよね。若い頃は、暴飲暴食や徹夜など、体の健康よりも目の前の出来事を優先していた人も多いはず。

 でも、一度病気になると、健康がすべての基本であると気がつくのです。体と心は密接につながっています。体が元気になると心も元気になり、生きやすくなるでしょう。

40代でやめてよかったことは「今を大切にする」こと

 今回は6つの「40代でやめてよかったこと」をご紹介しましたが、まとめると「今生きている時間や自分の感覚を感じて大切にすること」だと感じました。

 人の目や社会の価値観、思い込み、一時的な快楽や安心にしがみつくよりも、思いきって手放してみてください。毎日がもっと鮮やかに感じられるはずですよ。

(コクハク編集部)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差