義母「お昼ご飯に何入れたの?」姑vs嫁バトル勃発!“ネチネチ系から誤爆まで”壮絶LINE10選

公開日: 更新日:
コクハク

ドロドロ…姑vs嫁の壮絶なLINE内容5つ

 嫁姑の関係は、昔から多くの人が悩んできた課題でもありますよね。大切な息子を取られた姑が同居の嫁をいびるなんて話は、星の数ほどあるでしょう。
 現代の嫁姑バトルはLINEに舞台を変えて繰り広げられていて…。

(コクハク編集部では多数お寄せいただいたLINEにまつわるエピソードをご紹介してきました。そのなかから『嫁姑』に関するものをピックアップしてお届けします。)

1.「夫が帰るまでに夕飯を食べたんですって!?」

 こちらの女性は、夫が仕事で帰宅時間が遅いため、夜はワンオペで子どもの面倒を見ているそうです。

 ある日、近くに住む姑から届いたLINEには「孫から夫よりも先に夕飯を食べていると聞いたわよ! だから夫が家庭から遠ざかるの!」といった内容が書いてありました。

 夫が帰宅するのは21時過ぎ。子どもと先に食事をするのは、仕方ないことにも思えます。でも、昔ながらの考えが譲れない姑には、夫より先に食事することが許せなかったようですね。

 それにしても「以上です。」という、強気な締めくくりで返信する嫁。負けていないですね!

2.「幼稚園は決まったの?」

 こちらの女性は、教育熱心な姑に悩んでいるそうです。毎日、孫の幼稚園受験について、意見をぐいぐい主張してくるLINEに心底困っているのだとか。

 女性が教育方針について伝えても、姑はどうしても意見を譲らないようですね。

 さらに、「あなたもあまり学歴がね…」「あなたの人生ではないの」といった発言も、嫁に敵対心むき出しな様子が感じられます。

 嫁姑問題はさておき、お孫さんにはドロドロした嫁姑関係に巻き込まれず、のびのびと育って欲しいものです。

3.「最近、味付けが濃いわよ」

 姑と同居中のこちらの女性。家事全般を女性が担当しているのですが、姑はとにかく味付けに厳しく既製品嫌い、すべて手作りすることを要求してくるそう。

 この日は、買い出しに出かけたタイミングを狙って、和食中心のイメージで買い物するようにと連絡してきたそうです。

 やってもらっていることに感謝もなく、文句や要望ばかりでは、こちらもつらくなりますよね。

 女性も腹が立ってしまったようで、姑への返信も「高齢のお年寄りがいる家」「年金暮らしで時間のあるお義母さんと違って」など、かなりトゲトゲしていますね。

4.「素敵なカーテンを買ったの」

 こちらの女性も姑と同居中なのですが、姑が家のインテリアを勝手に変えてしまうことが悩みの種なのだとか。

 女性はインテリアにこだわりがあり、全体的におしゃれにまとめたいのに、カーテンやソファ、小物などを勝手に購入してくるのだそうです。

 これは、かなりのストレスですよね…。特に、カーテンは部屋の印象をガラッと変えるものなので、気に入らないものだと毎日嫌な気分になってしまうでしょう。嫁姑の同居の厳しさを感じたLINEでした。

5.「私が憎いから?」

 こちらの女性は、同居の姑の被害妄想に悩んでいるそうです。朝早く出かける日、冷蔵庫にお昼ご飯を入れておいたことを伝えると、「私が憎いから体に悪いものを食べさせる気でしょ!」というLINEが届きました。

 専業主婦のこの女性、自宅ではずっと姑と一緒なのですが、常に嫁からいびられているという被害妄想のせいで夫との関係も悪くなってしまったのだとか。

 周囲のサポートも上手に受けながら、心が折れないようにしてほしいですね。

もう戻れない…嫁姑の“誤爆LINE”で家庭崩壊!緊迫の内容5選

 続けて、ただただ恐怖でしかない「嫁姑の誤爆LINE」をご紹介します。「あの時気づいていれば!」「あの指がクリックさえしなければ!」そんな後悔は先に立たず…。

 間違えて送ってしまったことで、家族の絆をも揺るがしかねない恐ろしい内容、さっそくチェックしていきましょう! 覚悟はいいですか?

1.「おしゃべりくそばばぁ」

 こちらは、読んでいて生きた心地のしないLINEです。こちらの女性は、旦那さんに「お正月は帰省したくない」という連絡をしていたそう。「いつも愚痴を聞かされるのに、旦那であるあんたはフォローしてくれない。おしゃべりくそばばぁとは年末年始くらい離れたい!」という内容でした。

 言ってしまいましたね、「おしゃべりくそばばぁ」!これは、もうごまかすことのできない本格的な悪口です…。お姑さんにバレたと知った時、このお嫁さんは、もう二度と姑には会わないと固く誓ったそうです。

2.「あなたなんであんなお嫁さんを選んだの?」

 こちらは、お姑さんから間違えて嫁に送った誤爆LINE。普段からいつも息子に言い聞かせていたのでしょう。「なんであんなお嫁さんを選んだの? だから苦労するのよ」と。

 この誤爆LINEに気づいたこの女性は、すぐに「出来損ないですみません」と皮肉たっぷりに送ったそう。

 すると、お姑さんは往生際が悪いことに、「息子の友人のことを話していた」と弁解したとか。この行動すべてに女性は警戒心を募らせ、もう二度と姑のいうことは信じないようにしようと、心に誓ったそうです。

3.「同居するなら離婚する!」

 こちらのお嫁さんもやってしまいましたね…。前日の夜に夫と、姑との同居話が出ていたそう。家の建て替えの際に二世帯住宅にされることを考えただけで夜も眠れず、本気で悩んだのだとか。

 翌日、「やっぱり同居するくらいなら離婚する!」と夫に送ったつもりが、まさかの姑本人に送ってしまったこのLINE。恐ろしすぎます…。しかも、姑は今まで援助してきたお金を返してもらいたいとまで言い出す始末。もう誰にもフォローすることはできなさそうです。

4.「あの世に行くまでの辛抱だわ」

 こちらのLINEは、「(姑が)あの世に行くまでの辛抱」なんてひどいセリフを送ってしまった、なかなかの誤爆っぷりです。女友達に送るはずの姑いじりのLINEを、まさかの本人に送ってしまったのです。あまりにひどい誤爆に姑も怒りを覚えたようですが、そこは大切な孫のことが頭に浮かんだそうで、親族会議をして反省してもらおうと考えた様子。

 この内容を親族で議論されて反省しなければいけないなんて、本当に憂鬱です…。こちらの女性は、この誤爆以降、返信できないままでいるそうです。

5.「全然ご飯美味しくないんだもん」

 こちらも気まずい誤爆内容ですね…。近くに住む姑は、ことあるごとにたくさん作ったおかずを孫と息子のためにと運んできてくれるそう。でも、この料理が正直、あまり美味しくなく、お年寄りの舌に合わせて作っているので、とにかく薄味で柔らかいんだそう。

 そんな料理への文句を姑に誤爆してしまった女性。お義母さんは素直に「こちらこそごめんなさい」と謝ってくれたのですが、ショックだったのか、その後しばらく電話には出てくれなかったようです。

嫁姑の関係は程良い距離感で解決して!

 嫁姑のLINEのやりとりを見ていると、嫁姑の距離が近過ぎてしまうことも要因の一つだと感じました。違う時代に生まれ育った者同士は、やはり相手のやり方を尊重することや、相手をコントロールしようとしないことが大切ですね。

 また、LINEを送る時にはしっかり送信先を確認し、自分が言われて嫌な気持ちにならないかを判断基準にして、上手に親族付き合いをしてみてくださいね♪

 ぜひ、ほど良い距離感を大切にしながら、少しでも仲良くなれるように、嫁姑関係を築いていってくださいね!

(※LINEのやりとりの画像は、エピソードをもとに編集部で作成したものです。2021年8月、同10月の初出をもとに記事を再構成)

(コクハク編集部)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方