1本660円~でぷっくり×ちゅるん唇に! 40代美容家も使って“質感”大納得「プチプラリップ」3選

公開日: 更新日:
コクハク

 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。

 デイリーメイクには、プチプラリップを上手に活用できると、惜しみなくガンガン使えて便利ですよね。

 自身も40代である時短美容家の並木まきが、今季の最新プチプラリップ市場から、OVER40代が使って納得! の“質感”にこだわって、3種類をピックアップしました。

 この夏、唇でトレンド感を出したいかたは、要チェックです!

1. 『キャンメイク グラスティントシロップ』先行3色 各1,078円(7月下旬発売)

 今年トレンドの「ちゅるりん」としたツヤで、ガラス玉のような質感の唇が瞬時に叶うティントリップ。

『キャンメイク グラスティントシロップ』は、重ね塗りをしてもムラになりにくいだけでなく、縦じわが目立ちにくい仕上がりは、大人世代の唇にも時短で美リップが叶い、大重宝なのです。

「しずく型チップ」を採用していて、中央に穴があって液含みの量がちょうどよくなるよう工夫が施されています。

 ティントタイプの扱いに苦手意識がある人でも、唇のフチにまで美しく塗りやすいところは、大人も納得な優秀ポイント◎。

 先行して展開される3色のうち、私が特に40代以上におすすめしたいのは【03 ジェントルベージュ】。

 お肌になじみやすいやさしさのあるベージュで、メイクのテイストやTPOを選ばずに使いやすいカラーです。

【合わせて読みたい】キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる

2. 『セザンヌ 3Dジェリーリップ』全2色 各660円(7月上旬発売)

 ひと塗りで「ぷるんっ!」とした唇になる『セザンヌ 3Dジェリーリップ』は、美発色が特徴的なプチプラリップ。

「誰でもボリューム感のあるリップメイクを楽しんでほしい」と開発された背景もあって、唇がしぼみがちになるOVER40代のデイリーメイクにもバッチリ好相性な仕上がりです◎。

 ボリュームとツヤがポイントで、立体感をキープする軽やかなワックスがボリュームをキープ、また密着性の高いオイルがツヤ感を演出。

 私もひと足早く使っていますが、正直「660円で、この質感が!?」と嬉しくなる仕上がりで、美容保湿成分が配合されていることから、うるおい感が持続するのも大人世代が使いやすいポイントです。

【01:ピーチメルバ】は血色感のある桃色コーラル、【02:ミルクローズ】はほんのりとした青みのある乳白ローズ。どちらの色も上品なぷるん! 感が得られます。

3. 『ミルフィー グラマラスリッププランパー』全5色 各1,650円

「#飴玉リップ」として登場した名前にふさわしいツヤ感が特徴的なリップ。飴玉のように“ちゅるちゅる”なうえに、プランパー効果によってグラマラスなふっくら感も得られます。

 唇のキメを整えてなめらかにする保湿成分(※)を配合し、乾燥が気になりにくい仕上がり。

 メイクをしながら唇ケアも意識できるスグレモノです。

 クリアカラーからヌーディカラー、しっかり発色の王道カラーまでラインナップも豊富!

 私のお気に入りは、ベーシックなクリアピンクの【01 クリアブロッサム】とヌーディな色気が印象的な【02 ハニーアプリコット】です。

※ジパルミトイルヒドロキシプロリン、ビサボロール、ヒアルロン酸Na、酢酸トコフェロール(すべて保湿成分)

ガラス系のリップメイクで瞬時に今年らしいメイクに

 この夏は、ガラスや飴玉のように、“ぷっくり×ちゅるん!”としたテクスチャーのリップメイクがトレンドに。40代や50代は、いつものメイクのまま、リップメイクをアップデートするだけでも、今年らしい雰囲気に変わります。

 プチプラコスメなら、気になる色をお手軽に試しやすいのも魅力ですよね。

“ぷっくり×ちゅるん!”な仕上がりは、大人世代の顔をフレッシュに見せる質感でもあるので、ぜひ積極的に取り入れていきましょう〜!

(並木まき/ライター・エディター)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方