• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

卒論テーマに選ぶ女子大生も「3D春画展」なぜ女性にウケる

 東京・銀座で開催中の「春画」展が20~30代のOLでごった返している。

「8割が若い女性です。あまりの反響に、急きょ水曜日にレディースデーを設けました。男性はほとんど見かけません」(銀座「春画」展実行委員会)

 さっそくのぞいてみると、葛飾北斎や歌川国芳などの原画のほか、3Dメガネで見る春画まであり遊び心が満載。飛び出すエロに「目がチカチカするー」と言いながら女子が大はしゃぎだ。

 監修は、一昨年、英国の大英博物館春画展でプロジェクトキュレーターを務めた石上阿希・国際日本文化研究センターの特任助教。日本で初めて春画研究で博士号を取得した“第一人者”である。なぜ、女性にウケているのか。石上氏はこう言った。

「江戸時代は、裸になることひとつにしても大したことではなかったんです。あまりに日本人が路上で裸でうろうろしていると外国人が驚いたというくらい。今より、性が明るく開けていました。現在、規制が厳しく性に窮屈さを感じている人が多い。そんななか、江戸時代のオープンな男女の絡みや同性同士、タコなどの空想といったシチュエーションの多様性は魅力的に映るのでしょう。絵そのものに深刻な問題提起がなされているわけではなく、滑稽で、性を笑い飛ばせます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  7. 7

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る