強行派の批判の矛先は政治家とマスコミに

公開日: 更新日:

 この間、たばこがらみでは「たばこ産業の助成受けた論文はNO! 学会で相次ぐ」といった記事が出たり、厚労省のがん対策推進協議会で受動喫煙対策について「2020年までに飲食店や職場、家庭などすべての場所でゼロ」とすることが了承されるなど、医療団体側の攻勢が目立つ。20年東京五輪という区切りを好機に、たばこを追放したいということなのだろうが、もっと冷静で民主的な議論を望みたい。 (おわり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  4. 4

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  5. 5

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  6. 6

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    在台邦人「アストラゼネカ」ワクチン優先接種に戦々恐々

  9. 9

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  10. 10

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

もっと見る