• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西部邁さんの死で警察庁捜査 「自殺幇助」逮捕の境界線は

 誰かが手助けしたのだろうか――?

 1月に亡くなった評論家・西部邁さん(当時78)の自殺に「自殺幇助」の可能性が浮上した。手足が不自由だった西部さんがロープで結ばれた状態だったことなどを警視庁が不自然とみて調べているのだ。

「西部さんは世田谷区の自宅で40代の長女と同居。1月21日午前3時半ごろ、長女が西部さんがいないと気づいて110番し、明け方に遺体を発見したのです。遺体には安全ベルトの一種のハーネスが装着され、ロープの一方がつながっていた。もう一方は川岸につながれていました。ロープは20~30メートル。遺体の口にはガラス製の小瓶が入っていて口はヘアバンドで覆われていた。木のそばに置かれた遺書は1通でワープロ打ちの文章が書かれ、署名は自筆とみられています」(捜査事情通)

 自殺幇助は自殺したいという意思のある人に、自殺に効果的な行為をして協力すること。手の不自由な西部さんの代わりにロープをつないだり、口をヘアバンドで覆った場合、自殺幇助に問われるのか。弁護士の篠原一廣氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る