西部邁さんの死で警察庁捜査 「自殺幇助」逮捕の境界線は

公開日:

 誰かが手助けしたのだろうか――?

 1月に亡くなった評論家・西部邁さん(当時78)の自殺に「自殺幇助」の可能性が浮上した。手足が不自由だった西部さんがロープで結ばれた状態だったことなどを警視庁が不自然とみて調べているのだ。

「西部さんは世田谷区の自宅で40代の長女と同居。1月21日午前3時半ごろ、長女が西部さんがいないと気づいて110番し、明け方に遺体を発見したのです。遺体には安全ベルトの一種のハーネスが装着され、ロープの一方がつながっていた。もう一方は川岸につながれていました。ロープは20~30メートル。遺体の口にはガラス製の小瓶が入っていて口はヘアバンドで覆われていた。木のそばに置かれた遺書は1通でワープロ打ちの文章が書かれ、署名は自筆とみられています」(捜査事情通)

 自殺幇助は自殺したいという意思のある人に、自殺に効果的な行為をして協力すること。手の不自由な西部さんの代わりにロープをつないだり、口をヘアバンドで覆った場合、自殺幇助に問われるのか。弁護士の篠原一廣氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る