多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

マニュアル通りの詐欺集団に「不意打ちの質問」をする効果

公開日: 更新日:

 最新詐欺は「組織」でやってくる。複数人で知恵を巡らせてくる相手に対して、高齢者一人だけで身を守ることは難しく、次々に現れる新手の詐欺に対処できるはずもない。

 そこで大事なことは、家族や地域の見守りと騙す側のミスを見逃さない目をいかに持つかだ。

 2018年7月に暴力団幹部らが80代女性からキャッシュカードを詐取した疑いで逮捕された。そのきっかけが、詐欺の名簿や騙しの手法が載るマニュアルの原本をコピーした際、手下がコンビニに原本を置き忘れたことで足がついた。これはコンビニ店長のお手柄だったが、名簿は市中に平然と出回っている。

 また、通常とは異なる違和感も詐欺を見抜く上では大事になる。市職員を装った詐欺師が道端で職務質問されて逮捕された。というのも、真夏なのに、詐欺のマニュアル通りにマスクをかけて、暑苦しいスーツ姿でうろついていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る