バブル崩壊で“腐動産”に…越後湯沢エリアに再び注目の理由

公開日: 更新日:

「苗場だと1室10万円、越後湯沢の駅近だと100万円ほどで売られています。マンション内に温泉につかれる大浴場があるので管理費は高めですが、売れ残っているマンションをホテルにして外国人を誘致すれば、生まれ変わると思います」

 スキーを楽しんだ帰りに六本木や銀座、浅草、秋葉原などで遊べるのは、ニセコにはない優位な点だ。インバウンドマーケットの成長が見込まれる中、「腐動産」の汚名を返上できるか。 =おわり

 (取材・文=伊藤洋次)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  5. 5

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    経営統合したヤフーとLINE 市場が気にする両社の「格差」

  8. 8

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  9. 9

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  10. 10

    来季FA取得の燕・山田哲 球団はメジャー以上に巨人を警戒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る