1億円払っても元がとれる 「鳩レース」の知られざる世界

公開日: 更新日:

 関東が鳩レース人口が最も多く、関東三大長距離レースという900キロメートル以上のレースが3つあり、合計すると1万羽ほどが飛びます。ただ最近は長距離は鳩がもたない。私が住む四国では青森で1000キロメートルありますが……。いまはそういう時代ではなくなってきています」

 ――やはり欧州のレースのほうが大きいですよね。

「世界でもっとも権威のあるのはバルセロナインターナショナルというクラシックレースで、サグラダファミリアで有名な「バルセロナ」からスタートします。ベルギーやオランダ、ドイツ、フランスなど鳩レースがさかんな各国の愛好家たちが参加します。1000キロメートル以上の距離を飛ぶ長距離レースで天気のいい日に鳩を放ちます。全体や各国で優勝した鳩を目当てに世界中のバイヤーが買いつけに行きます。ベルギーの場合、優勝鳩が高く売れるということが飼い主にとっての目標でもあるわけです。鳩レースのメッカはベルギーなんです。鳩という存在は自分の自慢なんです。日本の錦鯉も一緒でしょう。日本で品種改良して外国の人が破格の値段で買って帰っていますよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  8. 8

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る