スガノミクスに黄信号が…生命線「3K」の雇用と為替に暗雲

公開日: 更新日:

 スガノミクスの命は為替、株価、雇用の「3K」だ。9月の自民党総裁選で、菅首相は「厳しい経済状況の中、為替は105円前後、株価2万3000円前後。雇用も増やせた」とアピール。その後も繰り返し3Kを誇ってきた。ところが、ここに来て、雇用と為替の雲行きが怪しくなってきた。

 ◇  ◇  ◇

 厚労省が2日発表した8月の有効求人倍率は、昨年12月の1.57から8カ月連続悪化し、1.04だった。求職者1人に対して1つの求人がある状態の「1倍」を割る寸前だ。

 同日発表の総務省の労働力調査によると、8月の完全失業者は前月比9万人も増えた。自己都合が1万人減り、勤め先や事業など非自発的な離職が3万人も増えている。働きたくても働かせてくれないのである。

「失業などで求職者が増える一方、企業の求人は追いつかないので、有効求人倍率はさらに低下するでしょう。中小企業はこれまでの蓄えや政府の支援などで何とか踏ん張ってきました。しかし、夏以降、諦める経営者が増えていて、倒産や廃業が増加傾向です。継続できる企業も人員に余剰感があり、採用には慎重です」(経済評論家・斎藤満氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る