受注見返りに2億円 富岡町震災復興事業キックバックの実態

公開日: 更新日:

 東日本大震災の巨額の「復興マネー」を巡り、福島県で除染や解体工事を受注した大手ゼネコン「鹿島」の東北支店元営業部長が、複数の下請け業者からキャッシュバックを受け取っていたことが分かった。

■国税が強制捜査

 1日付の読売新聞によると、仙台地検の任意聴取に応じた業者は「工事発注の見返りとして約2億円を渡した」と説明しているという。仙台国税局は税務申告していなかったとして、所得税法違反の疑いで査察(強制調査)を進め、鹿島は昨年12月、元営業部長を懲戒解雇した。工事は環境省の発注による公共事業だった。

 元営業部長は鹿島と三井住友建設、飛島建設の3社で構成された「共同企業体」(JV)の所長だった2016~18年にかけ、複数の下請け業者から数億円に及ぶ金銭の提供と飲食の接待を受けていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る