• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドル増発で展開してきた世界経済の終わり

 米国債のデフォルトが回避された。来年2月まで国債発行を認める暫定措置法案が議会を通過。政府機関の一部閉鎖も解除されるようだ。もっとも、期限を3カ月程度先に延ばしたところで、危機が消えるわけではない。ドルの増発を通して展開してきた世界経済は、いよいよ終盤に差し掛かっている。政府が経済をコントロールするケインズ政策も限界に達した。

 もしも増発が認められなければ、期限を迎える国債の償還はできなくなっていた。米国債は不渡りとなるわけだ。そんな債券を持っていようという投資家はいない。みんなが手持ちの米国債を売り、円なら円に替えようとするだろう。米国債は暴落し、長期金利は急騰する。銀行の貸出金利も、とてつもなく跳ね上がってしまう。企業はカネを借りられないし、設備投資は急速に冷え込む。世界は大不況に見舞われたはずだ。

 今回は、瀬戸際で危機を回避できた。だが、2月になれば、また同じ騒動が起きる。いつまでも借金をしてドルを刷り続けるわけにはいかない。世界はそう分析している。いずれドルは見向きもされなくなるだろう。ドルが基軸というか中軸になっているすべての構図は崩れるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る