ドル増発で展開してきた世界経済の終わり

公開日:  更新日:

 米国債のデフォルトが回避された。来年2月まで国債発行を認める暫定措置法案が議会を通過。政府機関の一部閉鎖も解除されるようだ。もっとも、期限を3カ月程度先に延ばしたところで、危機が消えるわけではない。ドルの増発を通して展開してきた世界経済は、いよいよ終盤に差し掛かっている。政府が経済をコントロールするケインズ政策も限界に達した。

 もしも増発が認められなければ、期限を迎える国債の償還はできなくなっていた。米国債は不渡りとなるわけだ。そんな債券を持っていようという投資家はいない。みんなが手持ちの米国債を売り、円なら円に替えようとするだろう。米国債は暴落し、長期金利は急騰する。銀行の貸出金利も、とてつもなく跳ね上がってしまう。企業はカネを借りられないし、設備投資は急速に冷え込む。世界は大不況に見舞われたはずだ。

 今回は、瀬戸際で危機を回避できた。だが、2月になれば、また同じ騒動が起きる。いつまでも借金をしてドルを刷り続けるわけにはいかない。世界はそう分析している。いずれドルは見向きもされなくなるだろう。ドルが基軸というか中軸になっているすべての構図は崩れるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る