• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大物親分から半グレまで…みずほ「マル暴融資」顧客60人の素性

 暴力団への融資を放置してきた「みずほ銀行」が28日までに金融庁に提出する予定の「業務改善計画」。再発防止策として、社外取締役の選任やコンプライアンス担当窓口の増員が盛り込まれる方針とみられているが、もうひとつの注目は230件・2億円超の融資の中身や今後の人事体制だろう。

 岡部俊胤副頭取は4日の会見で、「オリエントコーポレーション」を介した問題融資の中身については「調査中」を連発。焦げ付きを認めつつも「一定割合」として詳しい説明を避けた。だが、現状を詳細に分析しなければ新たな再発防止策も絵に描いた餅だ。どこの誰にいくら融資したのか。本当の焦げ付き額はいくらなのか。なぜ関係を断ち切れなかったのか……など明らかにするべき内容は山のようにある。

「漏れ伝わってくる情報では、問題の融資を受けていたのは約60人で、繰り返し融資を受けて230件に膨らんだようです。10~20人はバリバリの現役ヤクザで、ほかには半グレや暴走族出身者、大物の親分もいるとの噂もあります。購入した車を転売してカネに換えているケースもあるようです」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る