大物親分から半グレまで…みずほ「マル暴融資」顧客60人の素性

公開日:  更新日:

 暴力団への融資を放置してきた「みずほ銀行」が28日までに金融庁に提出する予定の「業務改善計画」。再発防止策として、社外取締役の選任やコンプライアンス担当窓口の増員が盛り込まれる方針とみられているが、もうひとつの注目は230件・2億円超の融資の中身や今後の人事体制だろう。

 岡部俊胤副頭取は4日の会見で、「オリエントコーポレーション」を介した問題融資の中身については「調査中」を連発。焦げ付きを認めつつも「一定割合」として詳しい説明を避けた。だが、現状を詳細に分析しなければ新たな再発防止策も絵に描いた餅だ。どこの誰にいくら融資したのか。本当の焦げ付き額はいくらなのか。なぜ関係を断ち切れなかったのか……など明らかにするべき内容は山のようにある。

「漏れ伝わってくる情報では、問題の融資を受けていたのは約60人で、繰り返し融資を受けて230件に膨らんだようです。10~20人はバリバリの現役ヤクザで、ほかには半グレや暴走族出身者、大物の親分もいるとの噂もあります。購入した車を転売してカネに換えているケースもあるようです」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る