大物親分から半グレまで…みずほ「マル暴融資」顧客60人の素性

公開日: 更新日:

 暴力団への融資を放置してきた「みずほ銀行」が28日までに金融庁に提出する予定の「業務改善計画」。再発防止策として、社外取締役の選任やコンプライアンス担当窓口の増員が盛り込まれる方針とみられているが、もうひとつの注目は230件・2億円超の融資の中身や今後の人事体制だろう。

 岡部俊胤副頭取は4日の会見で、「オリエントコーポレーション」を介した問題融資の中身については「調査中」を連発。焦げ付きを認めつつも「一定割合」として詳しい説明を避けた。だが、現状を詳細に分析しなければ新たな再発防止策も絵に描いた餅だ。どこの誰にいくら融資したのか。本当の焦げ付き額はいくらなのか。なぜ関係を断ち切れなかったのか……など明らかにするべき内容は山のようにある。

「漏れ伝わってくる情報では、問題の融資を受けていたのは約60人で、繰り返し融資を受けて230件に膨らんだようです。10~20人はバリバリの現役ヤクザで、ほかには半グレや暴走族出身者、大物の親分もいるとの噂もあります。購入した車を転売してカネに換えているケースもあるようです」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る