カネボウ、みずほ銀、阪急阪神H…合併企業で不祥事が続くワケ

公開日:  更新日:

 暴力団融資に揺れる、みずほ銀行と、食材偽装が発覚した阪急阪神ホテルズ。両社の共通点は、どちらも合併企業だということ。みずほは旧一勧、旧富士、旧興業が、阪急阪神は旧阪急ホテル、旧第一ホテル、旧ホテル阪神が、それぞれ合併して誕生した。

 白斑被害を引き起こしたカネボウ化粧品も、06年に花王の完全子会社として、事実上の合併を遂げた企業だ。今年は合併企業による不祥事が多発している。別表に、21世紀に入ってからの合併企業の不祥事をまとめたが、その数の多さに改めて気付かされる。どうして、合併企業の不祥事が後を絶たないのか。

「一番の理由は、日本の合併企業内では旧会社同士に壁が生じて、情報の共有化がはかどらないこと。旧会社ごとに社風も違えば、仕事の進め方も違う。経営陣の『いずれ給与体系を一本化する』という言葉も口先だけで、出身企業によって月給に差が出ることもある。旧会社同士で主導権を争っていれば、なおさらのこと。ネガティブ情報を相手に隠そうとする意識が働き、皆が気付いた頃には傷が広がり、すでに手遅れ。そんなケースが目立ちます」(経済ジャーナリスト・重道武司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る