旧興銀出身、安倍家との縁…みずほ頭取・佐藤康博「権力の源泉」

公開日:  更新日:

 予想されていた通りの「大甘」処分だ。みずほ銀行がグループ信販会社オリエントコーポレーションを通じて暴力団への融資を続けていた問題で、佐藤康博頭取が28日、記者会見し、OBを含む54人の処分を発表。佐藤頭取も報酬を半年間ゼロとしたが、辞任については「全くございません」と完全否定した。

 塚本隆史会長も持ち株会社みずほフィナンシャルグループ(FG)会長にとどまる。経営2トップが「留任」する処分に対し、報道陣から「甘いのではないか」「妥当と思っているのか」と質問が相次ぐと、佐藤頭取は語気を荒らげて「妥当と考えている」と気色ばんだ。

「佐藤頭取は会見で『経営陣は深く反省している』なんて殊勝なことを言っていたが、結局、詰め腹を切らされたのは、みずほ銀行の常務執行役員とコンプライアンス統括部長の2人だけ。佐藤頭取は処分案を『自分で考えた』と言っていたのにもビックリです。社外取締役や第三者委員会のお墨付きも得ているような言い回しだったが、要するに自分で都合いいように鉛筆をナメたワケです」(経済誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る