景気回復を牽引できない製造業

公開日:  更新日:

 2013年4―9月期の決算発表で目立つのが製造業の業績回復だ。とりわけ好調だと伝えられたのが、自動車メーカーである。スズキ、マツダ、富士重工、三菱自動車の4社が最高益を更新した。首位のトヨタも悪くない。14年3月期の連結税引き前利益は前期比63%増の2兆2900億円となる見通しだ。08年3月期の最高益(2兆4372億円)に迫る数字である。

 新聞やテレビは、「円安の押し上げ効果が大きい」と報じた。アベノミクスの金融緩和が増益に寄与しているというスタンスである。確かに、この円安は「異次元の金融緩和」が導いたものだ。「アベノミクスの成果」という分析も、間違いではないだろう。

 だが、国民に伝えるべきは、そこではない。製造業の回復が景気の好循環を招くのかどうかだ。雇用の拡大や賃金アップにつながるのか。そこが重要なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る