景気回復を牽引できない製造業

公開日: 更新日:

 2013年4―9月期の決算発表で目立つのが製造業の業績回復だ。とりわけ好調だと伝えられたのが、自動車メーカーである。スズキ、マツダ、富士重工、三菱自動車の4社が最高益を更新した。首位のトヨタも悪くない。14年3月期の連結税引き前利益は前期比63%増の2兆2900億円となる見通しだ。08年3月期の最高益(2兆4372億円)に迫る数字である。

 新聞やテレビは、「円安の押し上げ効果が大きい」と報じた。アベノミクスの金融緩和が増益に寄与しているというスタンスである。確かに、この円安は「異次元の金融緩和」が導いたものだ。「アベノミクスの成果」という分析も、間違いではないだろう。

 だが、国民に伝えるべきは、そこではない。製造業の回復が景気の好循環を招くのかどうかだ。雇用の拡大や賃金アップにつながるのか。そこが重要なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る