• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暴落危機!? 「新指数」に落選した日経平均採用59社

 二軍落ちか――。東証1部上場の大手企業からタメ息が漏れている。
「ヤバイとは思っていましたが、案の定でした」(電機メーカー関係者)

 今月6日に株価の新指数が公表された。日本取引所グループと日本経済新聞社が共同で開発した「JPX日経インデックス400」だ。東証1部を中心に400社が採用され、来年1月6日から正式にスタートする。

 タメ息を漏らすのは、日本を代表する株価指数「日経平均」(225銘柄)に採用されながら、新指数に採用されなかった“落選企業”の関係者だ。
「新指数は、重要な経営指標であるROE(自己資本利益率)に重点を置いています。要するに、収益性の高い企業です。採用されなかった企業は低収益という烙印(らくいん)を押されたようなものでしょう」(市場関係者)

 新指数は、ROEのほかに時価総額や株式の流動性、社外取締役の数、国際会計基準(IFRS)、英文決算短信の開示などを考慮している。不採用=低収益とは限らないが、「採用された大手に比べ、経営全般に見劣りがする」(証券アナリスト)のは否めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る