• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エリート街道一直線 三井物産の新広報部長は芥川賞作家!

 小説「終の住処」で09年上期の芥川賞を受賞した磯崎憲一郎氏(48)が、来年1月1日付で三井物産の広報部長に就任することになった。

 磯崎氏は、早稲田大学商学部を卒業後、三井物産に勤務。受賞後も、バリバリの現役商社マンとして活躍し、小説家と二足のわらじを履いている。

「正式発表は28日でしたが、作家が広報部長になるというので、ライバル会社でも話題になっています。今年10月までは人事総務部に在籍していたはずです。今は広報部に移り、前任者との引き継ぎに追われているといいます。社内評は、さわやかな人物です」(経済ジャーナリストの久保巌氏)

 純文学の作家だけに、気難しさが漂っているのかと思ったが、「気さくな人」(物産関係者)と評判だ。鉄鋼畑が長く、米国三井物産に勤務した経験もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る