イトマンは墓場まで…訃報が触れない堤清二さんの「光と影」

公開日:  更新日:

 セゾングループを率いた堤清二さん(享年86)が亡くなったが、この人の人生には「光」と「影」がある。
「光」の部分はもちろん、小売業に文化事業を融合させ、新しいタイプの百貨店だけでなく、美術館や劇場を展開、「セゾン文化」を築きあげたことだ。作家・詩人、辻井喬としても長編詩「わたつみ 三部作」で藤村記念歴程賞を受けるなど活躍した。

 しかし、こうした文化的側面が経営者としては「影」の部分になる。作家の立石泰則氏が著した「漂流する経営 堤清二とセゾングループ」にはこんな逸話が出てくる。

 兵庫県尼崎市につくられた大型プロジェクト「つかしん」(塚口新町店)のコンセプトを決める会議のシーンだ。幹部が「新しいショッピングセンター」のコンセプトを説明すると、堤氏は「全然違う。俺がつくりたいのは店なんかじゃない。街をだ。計画を白紙に戻せ」と怒る。理解できない幹部社員がキョトンとしていると、「街には飲み屋や交番や銭湯がなきゃおかしいだろ」と畳み掛けるが、それじゃあ、どうするかという具体策は言わない。ショッピングセンターをつくるものと思い込んでいた幹部社員は右往左往――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る