日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イトマンは墓場まで…訃報が触れない堤清二さんの「光と影」

 セゾングループを率いた堤清二さん(享年86)が亡くなったが、この人の人生には「光」と「影」がある。
「光」の部分はもちろん、小売業に文化事業を融合させ、新しいタイプの百貨店だけでなく、美術館や劇場を展開、「セゾン文化」を築きあげたことだ。作家・詩人、辻井喬としても長編詩「わたつみ 三部作」で藤村記念歴程賞を受けるなど活躍した。

 しかし、こうした文化的側面が経営者としては「影」の部分になる。作家の立石泰則氏が著した「漂流する経営 堤清二とセゾングループ」にはこんな逸話が出てくる。

 兵庫県尼崎市につくられた大型プロジェクト「つかしん」(塚口新町店)のコンセプトを決める会議のシーンだ。幹部が「新しいショッピングセンター」のコンセプトを説明すると、堤氏は「全然違う。俺がつくりたいのは店なんかじゃない。街をだ。計画を白紙に戻せ」と怒る。理解できない幹部社員がキョトンとしていると、「街には飲み屋や交番や銭湯がなきゃおかしいだろ」と畳み掛けるが、それじゃあ、どうするかという具体策は言わない。ショッピングセンターをつくるものと思い込んでいた幹部社員は右往左往――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事