• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの「光通信」が“大躍進” 1年で株価倍増のナゾ

 株式市場で光通信が話題になっている。「ほぼ1年で株価が倍になった」(市場関係者)からだ。実際、年初に3500円程度だった株価は、一本調子で上昇し、今月3日に8000円台をつけている。

 株価倍増は珍しいことではない。ただ、重田康光社長(48)が率いる、あの光通信である。市場からは、「意外というか、不気味な値動き」という声も漏れてくる。

 重田氏は、ネットバブル全盛期に良くも悪くも話題に上った。携帯電話を販売する「HIT SHOP」を全国展開し、96年に史上最年少の31歳で株式を店頭公開。99年には東証1部に昇格した。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、99年の米フォーブス誌では約2兆6000億円の資産を持つ世界5位の大富豪にランクインしている。

 だが月刊誌の記事で光通信の闇の部分が表沙汰になった。「寝かせ」と呼ばれる携帯電話の大量架空契約が発覚し株価は最高値24万円から3600円台まで下落。20日連続のストップ安という不名誉な記録も打ち立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る