特定秘密保護法で「日本を取り戻す」の真意

公開日: 更新日:

 特定秘密保護法案が参院国家安全保障特別委員会でも強行採決された。自公与党が委員会審議を唐突に打ち切り、賛成多数で可決したとされる。だが、強引な議事運営を伝えるニュース映像を見ても、いつ、どうやって採決されたのか分からない。いくら与党議員が多数を占めるとはいえ、正常な採決がなされたといえるのだろうか。

 法案は運用次第でどうにでもなるというのに、運用をただす質問に答弁は二転三転。安倍首相は最終盤になって突然、新機関創設を口にした。まだまだ審議すべきことは山ほどある。国会の外は、反対を訴える人であふれかえった。著名人も次々と声を上げ、危険性を訴えている。

 それでも安倍政権は危険極まりない法案を仕上げようと突っ走った。安倍首相は野党のヤジに対し、「国民の知る権利を侵している」と言い放っている。大事なのは自分の声を聞かせること。ほかの声は聞くに足らない。そんな考えらしい。なんと傲慢な態度だろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る