日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

円安の恩恵ナシ…いまだ浮上できない要注意26社

 市場が注視する“ヤバイ会社”。13年9月中間決算では、「GC(ゴーイング・コンサーン)注記」の付いた企業が26社あった。

 GC注記は、監査法人が事業継続に疑問がある場合に付けるもので、26社すべてが、13年3月末から継続して付けられていた。半年経っても、依然、業績が改善していないことを示している。

■中堅 中小 下請けは厳しい

「中間決算のGC注記は、前年度本決算(13年3月期)の33社より7社減り、新たに付いた企業もありませんでした。円安や国内外の需要回復を受け、業績回復基調なのが決算に表れた格好です。そんな中でGC注記が続いている会社は、新興市場や東証2部上場の中堅どころがほとんど。上場企業でも規模が小さかったり、業歴が浅かったり、大手の下請けでやっているところは、まだ厳しいということです」(東京商工リサーチ情報部・増田和史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事