日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「43連勝」と市場は大騒ぎ IPO銘柄の意外な“勝敗”

「必ず儲かる」と、新規公開(IPO)銘柄の人気が沸騰している。2013年のIPO銘柄は、昨年より10社多い58社。昨年まで上場に慎重だった企業が、次々にIPOに踏み出している。来年は70~80社が上場する見通しだという。

 何しろ、公開価格を設定していない「プロマーケット」に上場した4社と、これから上場する11社を除く、43社すべての「初値」が「公開価格」を上回っているのだ。43連勝は、2006年の「新規上場バブル」時の39連勝を抜く新記録。

 上場時に個人投資家から買い注文が殺到し、その日に売買が成立しないケースもあり、「初値」が「公開価格」の2倍以上に高騰した銘柄は20社を超える過熱ぶりだ。

 一昨日11日に新規上場した「オウチーノ」も、公開価格3500円に対し、初値は8050円と2倍以上。「エンカレッジ・テクノロジ」も、公開価格1730円に対して初値は3755円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事