• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“接待減税”で潤う 市場が漁る「ネオン街銘柄」21社

 政府与党の税制改正に株式市場が敏感になっている。
「資本金1億円以上の大企業に対し、交際費の50%までを非課税とする減税策は注目です。早くも関連株を探す動きが活発になっています」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 支出額の50%という限度はあるものの、接待で使った飲食代が経費として認められるのだ。企業は取引先への接待攻勢を強めるだろうし、サラリーマンの飲む機会は増加する。潤う業界が必ずあるという読みだ。
「筆頭は飲食店でしょう。高級店の恩恵が大きいでしょうが、そこで消費される飲食関連メーカーも注目度は高まると思います」(松井証券マーケットアナリストの窪田朋一郎氏)

 13日はビール大手のアサヒグループHDが年初来高値を更新。しゃぶしゃぶで知られる木曽路や、居酒屋を展開するジェイグループHDも値上がりした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る