• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チャンス! 一粒で二度おいしい「12月株主優待」21社

 今年の「12月株主優待」はひと味違う――。証券界が騒いでいる。

「来年1月からNISA(少額投資非課税制度)がスタートします。年間の投資限度額は100万円までと決まっているので、投資できる銘柄数は限定される。個人投資家は少しでも“お得感”のある株を買おうとするはず。株主優待の注目度が、これまで以上に高まるでしょう。そこで先回りして、株主優待の充実している銘柄を年内に買っておく。1月以降の株高が期待できるというわけです」(市場関係者)

 それも12月に株主優待が確定する銘柄に狙いを定めれば、優待をゲットできるうえ、年明けからの株価上昇の恩恵も受けられる。1粒で2度おいしい「グリコ」みたいなお宝株だ。

 しかも12月優待は食事券やビールなどサラリーマン向きの特典が多い。マクドナルドはハンバーガーの無料券、ダイナックはダイニングバー「響」で使える食事券、チムニーはグループの居酒屋「はなの舞」で利用できる優待券、アサヒグループは株主限定ビールなど。映画好きだったら、シネコンなどで新作が見られる東急レクリエーションがオススメ(記事末尾参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る