チャンス! 一粒で二度おいしい「12月株主優待」21社

公開日:  更新日:

 今年の「12月株主優待」はひと味違う――。証券界が騒いでいる。

「来年1月からNISA(少額投資非課税制度)がスタートします。年間の投資限度額は100万円までと決まっているので、投資できる銘柄数は限定される。個人投資家は少しでも“お得感”のある株を買おうとするはず。株主優待の注目度が、これまで以上に高まるでしょう。そこで先回りして、株主優待の充実している銘柄を年内に買っておく。1月以降の株高が期待できるというわけです」(市場関係者)

 それも12月に株主優待が確定する銘柄に狙いを定めれば、優待をゲットできるうえ、年明けからの株価上昇の恩恵も受けられる。1粒で2度おいしい「グリコ」みたいなお宝株だ。

 しかも12月優待は食事券やビールなどサラリーマン向きの特典が多い。マクドナルドはハンバーガーの無料券、ダイナックはダイニングバー「響」で使える食事券、チムニーはグループの居酒屋「はなの舞」で利用できる優待券、アサヒグループは株主限定ビールなど。映画好きだったら、シネコンなどで新作が見られる東急レクリエーションがオススメ(記事末尾参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る