• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どこが景気回復? 日銀短観「先行き」はドシャ降り

 日銀が16日、発表した短観では、大企業の景況感がプラス16となり、「6年ぶりの高水準」と大新聞は書いていた。中小企業も製造業が前回比10ポイント上昇でプラス1に、非製造業も5ポイントアップでプラス4。揃ってプラスになるのは22年ぶりとかで、菅官房長官は「景気回復の動きが中小企業にも見られ始めている」と自画自賛していたが、これはウソだ。インチキ政府発表とそれをタレ流す大メディアは犯罪的ですらある。

 確かに短観で並べられた数字は前回9月の調査よりは改善した。しかし、これらの数字はすべて現在の景況感で、日銀短観とは先行き(3カ月後)を見るのがポイントなのだ。そこに目を転じると、軒並み下方修正なのである。

■アベノミクスは終わった

 まず、大企業製造業の景況感は、現在がプラス16だが先行きは14に。非製造業はプラス20から17に。中堅企業の製造業は6→3。非製造業は11→10。中小企業の製造業は1→マイナス1。非製造業は4→1。ほぼ全業種で、先行きの見通しが暗くなっているのがわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る