急成長「ワイヤレスゲート」は第2のソフトバンクになる!?

公開日: 更新日:

 1年前には「日経平均が1万5000円を超える」なんて予測は、ほとんど聞かれなかった。昨今は「1万7000円」とか「2万円」なんて声も聞かれる始末。過去ばかり語りながら、自らの過去を顧みない市場の習性はどこかで改善されるべきだろう。

 規制改革はさまざまな方向性が打ち出されているが、実際に過去の規制緩和は市場に数限りない恩恵をもたらした。

 例えば通信分野。複数のキャリアーが競うことで、電話料金や携帯通話料金などは安くなり、参入企業にとってビジネスチャンスの拡大となった。よい例がソフトバンクだろう。かつては、ソフト販売に投資ファンドが加わったような動きだったが、今は歴然としたキャリアーとして存在している。通信の規制緩和がなかったら、今の同社の姿は思い浮かばない。

 Wi―Fiの世界で驚異的な成長を遂げているのが公衆無線LANサービス国内首位のワイヤレスゲート(9419)だ。今年4月の日刊ゲンダイ本紙連載「大化け中小型株」で注目した企業である。「いずれ5ケタで活躍する日も、そう遠くないとみる」と書いたが、8月末の1対2の分割後、今月5000円台に乗せ「5ケタ(分割換算前)」となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る