急成長「ワイヤレスゲート」は第2のソフトバンクになる!?

公開日:  更新日:

 1年前には「日経平均が1万5000円を超える」なんて予測は、ほとんど聞かれなかった。昨今は「1万7000円」とか「2万円」なんて声も聞かれる始末。過去ばかり語りながら、自らの過去を顧みない市場の習性はどこかで改善されるべきだろう。

 規制改革はさまざまな方向性が打ち出されているが、実際に過去の規制緩和は市場に数限りない恩恵をもたらした。

 例えば通信分野。複数のキャリアーが競うことで、電話料金や携帯通話料金などは安くなり、参入企業にとってビジネスチャンスの拡大となった。よい例がソフトバンクだろう。かつては、ソフト販売に投資ファンドが加わったような動きだったが、今は歴然としたキャリアーとして存在している。通信の規制緩和がなかったら、今の同社の姿は思い浮かばない。

 Wi―Fiの世界で驚異的な成長を遂げているのが公衆無線LANサービス国内首位のワイヤレスゲート(9419)だ。今年4月の日刊ゲンダイ本紙連載「大化け中小型株」で注目した企業である。「いずれ5ケタで活躍する日も、そう遠くないとみる」と書いたが、8月末の1対2の分割後、今月5000円台に乗せ「5ケタ(分割換算前)」となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る