カリスマ社長殺害で余波 「餃子の王将」は経営悪化するのか

公開日:  更新日:

 いまだに犯人逮捕の手掛かりがつかめない「餃子の王将」の大東隆行社長(72)の殺害事件。市場は、カリスマ経営者の急死による経営不安を懸念している。

 死亡のニュースが伝わった19日、株価は3110円から2951円へと急落した。驚くのは出来高だ。19日の売買出来高は、前日の2万8600株から、203万6000株へと100倍近くに膨れ上がった。その後も40万株前後の出来高が続いている。

「市場が動揺するのも当然です。やり手の大東社長は、ひとりで〈餃子の王将〉を引っ張ってきた。創業家が経営に失敗し、4代目社長に就任した00年当時、有利子負債は470億円もあり倒産寸前でした。いま借り入れは100億円を切っています。店舗数も450から670に増やし、売上高も743億円(13年3月期)と就任前の2倍。過去最高を記録しています」(兜町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る