• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「中国移動」iPhone投入で日本製スマホもガラパゴス化

 日本のスマートフォンメーカーは、息の根を止められたも同然だ。
 22日、米アップルのiPhoneが来年1月17日に、中国の通信最大手「中国移動」から発売されると正式発表されたからだ。

 iPhoneの価格は未定だが、ターゲットは富裕層だから、おそらく4000元(約6万8000円)前後。日本メーカーと、完全にバッティングする価格帯だ。
 市場関係者からは早くも、「高級モデルばかりの日本のスマホメーカーが、中国市場で唯一食い込めそうだったのが、この高価格帯。iPhone参入で、その芽も摘まれてしまう」と嘆き節が聞こえる。

 もっと深刻なことが危惧され始めている。日本製スマホの“ガラパゴス化”が一気に進むというのだ。

「中国で最も売れているのは、<1000元スマホ>と呼ばれる約1万7000円の激安価格帯で、今後アジアやアフリカで売れるのも、こうした廉価モデルだといわれています。ところが日本のスマホメーカーは、その国のユーザーがどんな機能を求め、どんな価格帯が売れるのかを探る努力をほとんどせず、ドコモやKDDI、ソフトバンクが求める高価格モデルばかりを横並びでつくっています。こうした戦略は、世界のスマホ市場のニーズに逆行しているのです」(中国在住ITジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る