日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「旧体制」安倍は新年に倒れる

 安倍首相が靖国神社を参拝した。在任中の参拝は、第1次政権を含めて初めてだそうだ。政権発足1年というタイミングを見計らってのことのようだが、いったい、彼は何のため、誰のために参拝したのだろうか。

 参拝後にモーニング姿で記者団の前に現れた首相は、「日本のために犠牲になったご英霊に対し尊崇の念を示し、み霊安かれと手を合わせてきた」と強調した。だが、先の戦争で亡くなった人たちの多くは、名目こそ「国のため」だったが、その実、悪いやつらの途方もない野心を満たすために駆り出され、命を落とすことになったのである。「お国のため」は方便で、帝国主義を掲げて暴走した連中の犠牲になったのだ。

 しかも靖国には、国民に犠牲を強いた戦犯たちも合祀されている。被害者も加害者もごたまぜ。犠牲者に手を合わせれば、戦争主導者にも頭を下げることになってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事