「旧体制」安倍は新年に倒れる

公開日: 更新日:

 安倍首相が靖国神社を参拝した。在任中の参拝は、第1次政権を含めて初めてだそうだ。政権発足1年というタイミングを見計らってのことのようだが、いったい、彼は何のため、誰のために参拝したのだろうか。

 参拝後にモーニング姿で記者団の前に現れた首相は、「日本のために犠牲になったご英霊に対し尊崇の念を示し、み霊安かれと手を合わせてきた」と強調した。だが、先の戦争で亡くなった人たちの多くは、名目こそ「国のため」だったが、その実、悪いやつらの途方もない野心を満たすために駆り出され、命を落とすことになったのである。「お国のため」は方便で、帝国主義を掲げて暴走した連中の犠牲になったのだ。

 しかも靖国には、国民に犠牲を強いた戦犯たちも合祀されている。被害者も加害者もごたまぜ。犠牲者に手を合わせれば、戦争主導者にも頭を下げることになってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る