• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

調整局面の今がチャンス! NISAで狙う高配当26銘柄

 日経平均は大発会から2日続けて続落したが、証券各社に悲愴感はない。

「昨年末に9連騰した反動で、若干、調整しているだけでしょう。個人投資家は絶好の押し目と判断し、買いを入れています。今年スタートしたNISA(少額投資非課税制度)が好材料です」(市場関係者)

 NISAの投資額は年100万円までと決まっているが、売却益や配当金にかかる税金は最大5年間無税になる。申し込み口座数は、すでに400万口座を超えた。松井証券マーケットアナリストの窪田朋一郎氏が言う。

「6、7日の2日間だけで、NISA口座を開設した人の約15%が株式を購入しました。人気が高いのはブルーチップと呼ばれる優良銘柄で、しかも高配当の銘柄。利回り3.97%のキヤノンや、3.75%の武田薬品、3.51%の三井物産などです」
 配当利回りの平均は1.47%だから、確かにウマみのある銘柄だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る