高齢者が個人消費の主力という不健全

公開日:  更新日:

 個人消費の高齢者頼みが鮮明になっているようだ。政府の家計調査によると、年間280兆円規模の個人消費のうち、60歳以上の世帯が占める割合は46.6%。個人消費のほぼ半分は高齢者という姿である。

 数年前から「団塊の世代」が60歳を越えてきた。高度成長期に日本経済に参入し、追い風の中で高齢期を迎えた世代だ。

 蓄えがある上に年金の受給も始まれば、買いたい物を買える。総人口が減り続けている中、頭数の多い世代がウエートを占めることも不思議ではない。

 問題は、それより若い世代である。高齢者が主力になっている要因は、頭数だけではないだろう。リタイアした世代に比べて、現役世代の暮らしぶりは厳しい。小泉竹中構造改革によって、労働規制を次々と取り払い、なんでもかんでも合法化していった結果、ワーキングプアがあふれるようになった。期間雇用でも非正規労働でもいいから、とにかく仕事にありつきたい。そんな考えを強いられる人たちが市場にあふれている。30代後半までの社会人は、悪政の犠牲になってきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る