1年で最も勝率のいい“株高の日” 1月14日は「買い」?

公開日: 更新日:

 1月14日は「株高の日」――。日経平均の騰落率を月日別で見ると、年間を通じて、この日が最も勝率が高い。戦後は上昇37回、下落10回で、勝率は78.7%。絶好の投資日和ということになる。
「外資系の投資ファンドや国内の機関投資家は、年初に投資戦略を練ります。実際に動き出すのは1月の第2週ぐらいからなので、14日前後に買いが集中し、株高になるのでしょう」(市場関係者)

 とはいえ、前日13日の勝率は53.1%で、翌日15日は55.6%。兜町でよく言われるアノマリー(根拠のない理論)としかいいようがない。

 実は2月11日が勝率80%(12勝3敗)でトップなのだが、1967年に祝日(建国記念の日)となってからは休場。ちなみに勝率75%超えは、あとは5月4日(76.7%)のみだ。
「週明けの14日は朝イチで買いを入れ、高値になったところで売り抜けるのがベスト。平均株価は75%以上の確率で上昇しますから安心です」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  9. 9

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る