1年で最も勝率のいい“株高の日” 1月14日は「買い」?

公開日:  更新日:

 1月14日は「株高の日」――。日経平均の騰落率を月日別で見ると、年間を通じて、この日が最も勝率が高い。戦後は上昇37回、下落10回で、勝率は78.7%。絶好の投資日和ということになる。
「外資系の投資ファンドや国内の機関投資家は、年初に投資戦略を練ります。実際に動き出すのは1月の第2週ぐらいからなので、14日前後に買いが集中し、株高になるのでしょう」(市場関係者)

 とはいえ、前日13日の勝率は53.1%で、翌日15日は55.6%。兜町でよく言われるアノマリー(根拠のない理論)としかいいようがない。

 実は2月11日が勝率80%(12勝3敗)でトップなのだが、1967年に祝日(建国記念の日)となってからは休場。ちなみに勝率75%超えは、あとは5月4日(76.7%)のみだ。
「週明けの14日は朝イチで買いを入れ、高値になったところで売り抜けるのがベスト。平均株価は75%以上の確率で上昇しますから安心です」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る