日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

当たれば株価に大影響!? 経済プロの14年ビックリ予想

 海外メディアや投資アナリストが「14年の10大ビックリ予想」を発表している。米投資ファンド、ブラック・ストーンのバイロン・ウィーン氏の予想は有名で、毎年マーケットの話題をさらう。

 今年の注目は、「日経平均は年初に1万8000円を突破するが、下半期に20%の調整へ」だ。予想通りだと、年末の株価は1万4400円になる。
「ビックリ予想とはいえ、的中することもあるので侮れない」(市場関係者)
 確かに、同氏が13年に予想した「円は1ドル=100円まで下がる」はズバリ当たった。

 米モルガン・スタンレーは今年、「日本は、大企業から労働力不足が深刻な中小企業まで賃金を引き上げる」と予想。これがサプライズなのだから、実現の可能性は低いと見ていることになる。米ウォールストリート・ジャーナル紙は、「米アップルがソニーを買収」とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事