NISAよりウマミ 2020年「金」価格は倍になる!?

公開日:  更新日:

 投資のプロは今年、金に注目している。サラリーマン投資家は、NISA(少額投資非課税制度)のスタートで、株式や投資信託に目を奪われがちだが、金投資を検討したほうがいい。

 金市場に詳しいマーケットアナリストの豊島逸夫氏は自信たっぷりに言う。
「金価格は2020年までに2倍になります。理由はいくつかありますが、今は最低価格に近いと考えるべきでしょう。長期保有を前提にすれば、逃したくないチャンスです」

 現在、金価格は1トロイオンス=1246ドル(NY金市場10日終値)だが、昨春は1600ドル程度で、11~12年は1900ドルに迫る場面もあった。間違いなく下落傾向だ。今後どこまで下がるか分からないのに買って大丈夫なのか。

「金鉱山から金を生産するコストは1200ドルといわれます。金価格がこの価格を下回ると採算割れですから、生産はストップします。そうなると取引量は減り、価格は上昇に転じます。だから、一時的には投機筋の大量売りで1200ドルを下回る場面はあっても、いずれ戻ります」(投資アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る